NEW

JRAも迷惑千万……金沢競馬「八百長疑惑」を完全否定も「昔は当たり前」ネットの普及で戦々恐々する関係者達、某地方馬主の見解

【この記事のキーワード】, ,
JRAも迷惑千万......金沢競馬「八百長疑惑」を完全否定「昔は当たり前」ネットの普及で戦々恐々する関係者達、某地方馬主の見解の画像1

 大井競馬場で行われた第64回東京ダービーはハセノパイロが優勝、悲願の初優勝が期待された的場文男騎手は、37度目の騎乗で10回目の2着に泣いた。東京ダービーの連対率27%はかなりのものだが、悲願の初勝利は来年へと持ち越された。

 現在地方競馬はダービーウィークの真っ最中。全国の競馬場でダービーが行われ、7月に行われるジャパンダートダービーを目指している。東京ダービーの直前に行われた東海ダービーは10戦10勝、単勝1.0倍のサムライドライブが敗退するなど大波乱。そして東京ダービーも1番人気ヤマノファイトが敗退するなど波乱の結果だった。

 そんなダービーウィークの最中、6月1日に金沢競馬がひっそりとこんな発表をした。

「一部週刊誌による金沢競馬の不正疑惑報道について

 金沢競馬では、標記報道で指摘されたレースに関係した者を含めた金沢競馬に所属している全ての調教師及び騎手に不正の有無を確認した結果、不正があったことを裏付ける具体的な事実及び証拠は認められませんでした。

 また、金沢競馬では、今回の報道を受けて、改めて公正確保の徹底を図るため、調教師及び騎手に対し臨時訓示会を開催するとともに、一般社団法人石川県馬主協会に文書により公正確保の徹底を申し入れました。

 引き続き、公正な競馬の実施に努めてまいります」

 これは5月21日に発売された『週刊現代」に記載された金沢競馬の八百長を疑う記事に対する内部調査の結果を発表したものだが、インターネット上の掲示板を見ると

「誰がどんな方法で調査したのか公表しない限り信用できない」

「身内が身内に聞き取りして否定されて終了とか忖度だろ」

 といった懐疑的な見解で占められており、多くの競馬ファンが感じる疑いを払しょくすることはできなかった。

JRAも迷惑千万……金沢競馬「八百長疑惑」を完全否定も「昔は当たり前」ネットの普及で戦々恐々する関係者達、某地方馬主の見解のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?