NEW

JRA6月宝塚記念カレンダーに「わかりづらすぎる誤植」発見で騒然…

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎年発売されているJRAカレンダー。2月はフェブラリーステークス、3月は桜花賞とその月ごとにそれぞれのレースで優勝した馬たちの格好いい写真が掲載され、競馬ファンを中心に好評を博している。

 そして今月6月は、昨年の宝塚記念の覇者であるサトノクラウンが掲載された。だが、そのページに誤植が見つかったと話題だ。

 それを指摘したのは「日刊ゲンダイ」競馬公式Twitter。サトノクラウンは上がり最速35.4秒の末脚で宝塚記念を制覇。ページのキャプションには『世界の未脚がたどり着いたG1の頂』と書かれている。一見するだけではなにが間違っているのかわからない。だが、よくよく見ると末脚の末の字が未然、未来などの”未”の字になっている。

「ゲンダイのTwitterの中の人もコメントしていましたが、印刷物の誤植を見つけると本当にヒヤッとします……。このような大文字のキャプションは、ついつい見落としがちで意外にも誤植が多い箇所なんです。注意はしているんですけどね……」(編集者)

 小社が運営する「ギャンブルジャーナル」も誤植は他人事ではない。ライター、編集一同で目を皿のようにしつつ原稿を読み、十二分に注意をしているものの、読者の皆様から誤字脱字などの指摘を頂戴することもままある。そのたびに反省しきりだ。

「天下のJRAですら間違えるから仕方ない」と開き直ることなく、今後も誤字脱字が少ないサイトを目指していきたい。
(文=編集部)

JRA6月宝塚記念カレンダーに「わかりづらすぎる誤植」発見で騒然…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!