NEW

パチンコ「出玉規制」を”超一発台”が吹き飛ばす? 「真打ち」参戦で「魔性の鉄火場」時代突入か……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「出玉規制」を超一発台が吹き飛ばす? 「真打ち」参戦で「魔性の鉄火場」時代突入か......の画像1

 パチンコ『CR RAIZINMAN』(A-gon)や『CR天龍∞』(マルホン)など、デジパチとは異なる魅力で熱視線を浴びる「一発台」。

 どちらも「3段クルーン」という際立った仕様で『天龍』の場合、一撃7000発の獲得が可能。一方、『RAIZINMAN』は獲得出玉2000発前後の出玉と物足りなさを感じかもしれないが、本機には「一発台」では極めて珍しい「連チャン性能」を搭載している。

 そのため、ホールデビューから間もなくして”爆裂性能っぷり”を遺憾なく発揮。MAX機でも目にすることが難しい「10万発超え」報告が相次ぎ、なかには現行スペックでは類を見ない「20万発獲得」という耳を疑うような衝撃報告も。その話題はパチスロファンの間に駆け巡り、ホールはたちまち”鉄火場”と化したのである。

 そんな「一発台」ブームを呼び込んだ機種といえば、2016年にデビューを飾った『CR天下一閃4500』(Daiichi)だろう。

 獲得出玉「4000発前後」「連チャン性能はなし」という、今でこそ出玉面の弱さが目立つ仕様だが、現行機「一発台」のトレンドを作り出した「真打ち」的存在といえる。現在も高い稼働を維持する人気機種だ。

 その一発台タイプの「大物」に関して「注目情報」が舞い込んできた。なんと待望の「続編機」が検定を通過したのだ。これまでにない「強烈出玉」が大きな話題となっている。

パチンコ「出玉規制」を”超一発台”が吹き飛ばす? 「真打ち」参戦で「魔性の鉄火場」時代突入か……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!