NEW

『バジリスク絆』『ミリオンゴッド凱旋』貢献メーカー完全復帰!? 6号機で「超爆AT機」実現は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『バジリスク絆』『ミリオンゴッド凱旋』貢献メーカー完全復帰!?  6号機で「超爆AT機」実現は......の画像1

 パチスロ5号機時代を熱狂の渦に巻き込んだ「AT機」。その原点を生み出したと言われる「あのメーカー」が、再び熱い視線を浴びている。

 それは、最大継続率95%という破格の数字を誇る『2027』を排出した名物メーカージェイピーエスだ。

 2007年に登場した本機種は「あえてボーナスを揃えない」ことでRT機能を維持、ベルナビをアシストするAT機能を融合し、かつてない新システムを生み出すことに成功。このシステムは、後に登場するAT機の開発へ活かされることになった。

 現在ホールで主軸として活躍する『バジリスク絆』や『ミリオンゴッド神々の凱旋』の開発に大きな影響を与えた存在。ユーザー離れが懸念された5号機時代を救ったとも言えるだろう。

 しかし2015年の『サマージャンボ~あの夏のチケットの行方~』をリリースした後は沈黙が続く。約2年もの間、新機種が発表されることはなかったのだが……。

 2017年に『ドリームジャンボ ~あの興奮をもう一度~』を発表。その後にプライベートブランドを発売し、大きく取り上げられることになる。”独自路線”を歩んでいるジェイピーエスへの注目は、確実に高まっている状況だ。

「関東に店舗を展開する安田屋さんと共同開発した『YASUDA7』は話題になりましたよね。ホールと製造が協力することにより、他のホールでは打てないパチスロ機という『差別化』と『機械コストを減らすこと』が同時に見込めると思います。そうなれば客の負担を減らせる可能性も出てきますからね。称賛する声が上がることも納得です」(パチスロライター)

 6月13日、ジェイピーエスはプライベートブランド第2弾となる『モナスロ』『あっぱれPREGO』『TOWSER』3機種を発表した。ボーナス告知ランプが光るとボーナスが確定するAタイプとなっており、ボーナス確率やリール配列は共通でBBとRB2種類のボーナスが搭載されている。BBは345枚、RBは105枚の獲得が可能。8月の導入が楽しみだが……。

『バジリスク絆』『ミリオンゴッド凱旋』貢献メーカー完全復帰!? 6号機で「超爆AT機」実現は……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!