NEW

JRA「栗東陣営太鼓判」2頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「栗東陣営太鼓判」頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」の画像1

 過去にはゴールドドリームやノンコノユメなどG1優勝馬を多数輩出しており、3歳ダート馬の登竜門として知られているユニコーンS(G3)が17日(日)に幕を開ける。

 今年も素質馬たちが一堂に会した。今後のダート戦線を占う戦いになることが予想されるダートマイル戦をどの馬が制すのか?

 今回は、栗東の関係者から耳寄りな情報がもたらされたので、ご紹介しよう。

 まずはC.ルメール騎手が鞍上を務めるグレートタイム(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。これまで6戦2勝[2-3-0-1]と、掲示板を外したことがない安定感ある走りを披露している。

「前走の鳳雛Sは休み明けだったものの、クビ差2着と好走。関係者は『流れが遅い上に常に外を走らされてしまった。展開に恵まれずに負けたものの勝ちに等しいよ』と内容を評価してました。前走が叩き台だったとしたら、今回は相当期待できる」(現場記者)

 グレートタイムの最終追い切りは栗東のCWコース。ルメール騎手を背に僚馬を2馬身追走。持ったままで並びかけ、そのまま併入し、ゴールを過ぎてからもきっちりと1F追われた。

「今回の舞台は、前々走のヒヤシンスSで経験済みです。あのときの経験を今回は活かしたいところでしょう。長く末脚を使える馬なので、直線が長い東京競馬場は向いていると思いますよ」(前出・同)

 グレートタイムは、父キングカメハメハ、母はダート戦線で活躍したミラクルレジェンドで母父フジキセキの血統を持つ。これからもさらに力をつけると見られている同馬が、ダート界の新星として名乗りを上げることができるのかが注目される。

JRA「栗東陣営太鼓判」2頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!