NEW

武豊×武幸四郎で新馬出陣! 「火の玉」素質馬の裏にいる「優秀助手」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊×武幸四郎で新馬出陣! 「火の玉」素質馬の裏にいる「優秀助手」の画像1

 今週から開幕する函館競馬場。この地でも来年のダービーを目指す2歳馬が続々デビューを飾る予定だ。多くの素質馬が一堂に会するが、中でも注目度が高いのは17日(日)の新馬戦に武豊騎手騎乗で出走予定、武幸四郎調教師が管理するファイアーボーラー(牡2歳)だろう。

 ファイアーボーラーは父メイショウボーラー、母ユメノハコブネ、母父クロフネという血統を持つ。武豊騎手は公式サイトの日記で、同馬へ騎乗することを明かし、さらに「栗東にいるうちに乗り味を確かめておきましたが弟が自信を持っているだけのスピードを感じました」と高評価。さらに「素質の一端を引き出してあげられたら、結果はついてきそうです」と期待をかけている。

「武豊騎手もそのスピードを認めているファイアーボーラーの調教を担当しているのは、今年の春に離れるまで父である南井克巳厩舎に所属してサトノフェイバーなどを担当していた南井助手です。

 調教助手としての才能は確かなものがあり、彼が離れてから好調だった厩舎の成績が失速したようにも思えます。その腕利きの彼も『前向きな気性だしスピードもありそう』とファイアーボーラーには期待しているようです」(競馬記者)

 13日には函館Wで最終追い切り。雨が降り重い馬場で5F71秒7-14秒2をマーク。道悪ながらも「軽快に走っていた」と調教担当の南井助手は「デイリースポーツ」の取材に好感触だったことを明かしている。

武豊×武幸四郎で新馬出陣! 「火の玉」素質馬の裏にいる「優秀助手」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!