NEW

JRA3歳ダート路線の「歪み」ユニコーンS(G3)「大量抽選馬」の怪? 異例の除外ラッシュに現場から不満の声……

【この記事のキーワード】, ,
JRA3歳ダート路線の「歪み」ユニコーンS(G3)「大量抽選馬」の怪? 異例の除外ラッシュに現場から不満の声......の画像1

 17日に東京競馬場で行われるユニコーンS(G3)は、週明けからレースとはあまり関係のないところで話題となっていた。というのも登録馬26頭の内、出走が確定しているのは、わずか5頭。残りの賞金900万円持ち21頭が抽選対象という、異例の事態となっていたからだ。

 ユニコーンSのフルゲートは16頭。その内、11頭の出走馬が判明していない状況では、ファンからすれば予想の立てようがない。ただただ、困惑してしまうばかりだ。それは取材をするマスコミ各社も同様で、今週はユニコーンS絡みで”てんやわんや”だったようだ。

「取材をするにも、大半の馬が抽選で出走できるかどうかわかりません。大抵は例え除外になっても同週、いわば”滑り止め”のレースに出走できるので、その旨で話を聞けますが、今週のユニコーンS組の場合は滑り止めのレースにも除外馬が殺到して、出たくても出られないケースが多発。取材を手配しても、結果的に『今週出走しない馬』の話になってしまう可能性もあってホント困りました……」(競馬記者)

 JRAの番組表を見た限り、17日の東京競馬には10Rに青梅特別(1000万下)があり、これがユニコーンSと同じダート1600m。ユニコーンSで除外対象になりがちな賞金900万円持ちの馬でも出走可能ということもあって、これがいわゆる”滑り止め”レースなのだろう。

 しかし、今はちょうど降級の時期である。この青梅特別にもユニコーンSを超える34頭が登録を行い、大量の除外馬が発生した。その結果、ユニコーンSを除外になった馬たちの滑り止めの役割を果たせなかったようだ。

JRA3歳ダート路線の「歪み」ユニコーンS(G3)「大量抽選馬」の怪? 異例の除外ラッシュに現場から不満の声……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?