NEW

【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!の画像1

 24日には、阪神競馬場で春のグランプリ・宝塚記念(G1)が開催される。昨年はサトノクラウンの国内G1初制覇以上に、大本命キタサンブラックの惨敗がクローズアップされた宝塚記念。あれから1年、キタサンブラックという大黒柱が引退した影響もあって、近年稀に見る寂しいメンバーとなった。

 それでも主役を務めるサトノダイヤモンド(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)が復活勝利を上げれば、秋に向かって大きな実りとなるはずだ。

 3歳で菊花賞(G1)と有馬記念(G1)を制し、キタサンブラック最大のライバルとして「時代の競馬界を担う存在」と称されたサトノダイヤモンド。しかし、昨年3月の阪神大賞典(G2)を最後に1年以上、勝ち星から遠ざかっている。

 特に今年は始動戦の金鯱賞(G2)で3着に敗れると、本番の大阪杯(G1)では7着に惨敗。失敗に終わった昨秋の海外遠征の影響を考えざるを得ない、不安を残す結果となった。

 この中間も2週前の追い切りでは「菊花賞や有馬記念を勝ったころにはほど遠い」と、陣営も辛口のジャッジ。しかし、先日の1週前追い切りでは上々の時計を叩き出し、「先週よりはよかった」と明らかな上昇気配を見せている。

 不振に喘ぐ本馬がファン投票1位を獲得した事実が、今の競馬界のスター不在を表しているという厳しい意見もあるが、同時にスターに最も近い存在がサトノダイヤモンドであるとも言えるはずだ。主戦のC.ルメール騎手と共にここで復活勝利を上げ、再び競馬界を担う存在となれるか注目したい。

 そんなサトノダイヤモンドに替わって競馬界を席巻しているのが、フレッシュな4歳世代だ。この宝塚記念には、菊花賞馬のキセキ(牡4歳、栗東・角居勝彦厩舎)が頂点獲りに虎視眈々と爪を研いでいる。

【宝塚記念(G1)展望】「ファン投票1位」サトノダイヤモンドに「復活気配」キセキが引導を渡す!?「追い切り抜群」武豊ダンビュライトも急浮上!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!