NEW

JRA藤田菜七子騎手「初G1」はアノ大物馬主の所有馬!? 通算31勝達成でG1騎乗OK「いつ」「どのG1」デビュー考察

【この記事のキーワード】

, ,

JRA藤田菜七子騎手「初G1」はアノ大物馬主の所有馬!? 通算3勝達成でG1騎乗OK「いつ」「どのG1」デビュー考察の画像2

 そうなると、現実的に考えられるのは12月に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿(G1)になるかもしれない。先週のユニコーンS(G3)を圧勝したルヴァンスレーヴなどが勝ち馬に名を連ねるダート馬の登竜門だ。

 無論、いきなり中央でG1デビューを果たすのも盛り上がるかもしれないが、まずはG3やG2といった重賞制覇を目指したい。また、デビュー当初から積極的に遠征している地方競馬で、交流G1の雰囲気を味わってみるのも貴重な経験になるに違いない。

 いずれにせよ、藤田菜七子騎手がG1の大舞台に登場することを多くのファンが待ち望んでいるはずだ。

JRA藤田菜七子騎手「初G1」はアノ大物馬主の所有馬!? 通算31勝達成でG1騎乗OK「いつ」「どのG1」デビュー考察のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!