NEW

パチンコ最新作『北斗の拳7 百裂乱舞』ブーイングの嵐に絶句…… 最大の「ウイークポイント」露呈で「業界の覇者」に危機到来か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ最新作『北斗の拳7 百裂乱舞』ブーイングの嵐に絶句...... 最大の「ウイークポイント」露呈で「業界の覇者」に危機到来かの画像1

 6月の新機種として最も注目を集めていた、業界のビッグコンテンツ『ぱちんこCR北斗の拳7 百裂乱舞』(サミー)が18日、ついにデビューを果たした。

 本機はシリーズ初となる「小当りRUSH」を初搭載。その性能は「約1/1」で開放され、出玉増加スピードは「現行機随一」となっている。それに加え、最大出玉は1280個(16R時)とRUSHと大当たりが融合した「百裂乱舞BONUS」は、これまでにない爽快感を与えてくれそうだ。

 なにより、業界に多大な貢献を果たしてきた『北斗』シリーズの新機種である。現在も『北斗無双』『北斗の拳7』は高稼働中。業界内での存在感は未だに健在だ。

 それに時代のトレンド「小当りRUSH」を新たに取り入れるなど、前衛的な姿勢を決して崩すことはない。他の追従を許さないまさに”無敵状態”の活躍が期待されていたわけだが……。

 しかし、実際に遊技してきたプレイヤーからはブーイングが巻き起こっている。本機最大の魅力「百裂乱舞BONUS」の影に隠れていた”ある問題“が非難の的になっているようだ。

「シリーズ初搭載の『小当りRUSH』ばかりクローズアップされていましたが……蓋を開けてみると『出玉性能の低さ』が露呈しまったようです。ヘソ大当たり時の50%で『16R+小当りRUSH』となっており、他機種と比べても申し分ない仕様ですが……。

右打ち中(小当りRUSH中)の場合、16R確変の振り分けはわずか2%。そしてトドメは12R確変(960個)が30%、6R確変(480個)が20%弱と大当たり自体の性能があまりよろしくないんですよ。

当然、このようなスペックなので『北斗にしては玉が少ない』『10連でも万発に到達しなかった……』と出玉面に対してネガティブな声がしか聞こえてきません。やはり『北斗』といえば出玉面が最大の強みでしたからね……」(記者)

 予想に反して酷評ばかりが目立つ『北斗の拳 百裂乱舞』。シリーズ初の試み「小当りRUSH」搭載が裏目に出てしまったのだろうか。

パチンコ最新作『北斗の拳7 百裂乱舞』ブーイングの嵐に絶句…… 最大の「ウイークポイント」露呈で「業界の覇者」に危機到来かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!