NEW

宝塚記念(G1)パフォーマプロミスが戸崎圭太と「持ってる馬」証明へ。過去戦績と血統から軽視不可能か

【この記事のキーワード】

, ,

宝塚記念(G1)パフォーマプロミスが戸崎圭太と「持ってる馬」証明へ。過去戦績と血統から軽視不可能かの画像2

 レインボーラインの代わりとなるにはまだ荷が重いかもしれないが、ステイゴールド産駒の血が騒ぐ阪神芝2200mで、このパフォーマプロミスが躍動するのを指を咥えて見ているわけにはいかない。ここで買う手は大いにあるだろう。

「鞍上は、主戦を務める戸崎圭太騎手です。戸崎騎手と藤原英厩舎といえば、思い出されるのは今年のクラシックで皐月賞(G1)を勝ち、日本ダービー(G1)でもあわやの2着だったエポカドーロですよね。脚質も前に行くレースで、パフォーマプロミスに近い。戸崎騎手が前に行くレースを得意としているのは、今年の安田記念(G1)で2着に残したアエロリットでも証明済みですよ」(同 ライター)

 戸崎騎手のゲキにパフォーマプロミスが応えることができれば、遅れてきた大物がこの宝塚記念で本物に変わるだろう。

宝塚記念(G1)パフォーマプロミスが戸崎圭太と「持ってる馬」証明へ。過去戦績と血統から軽視不可能かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!