NEW

6号機『番長』降臨で”パチスロ市場”独占確定!? 純増制限なし「爆裂ATスペック」に差し迫るデビュー時期

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6号機『番長』降臨でパチスロ市場独占確定!? 純増制限なし「爆裂ATスペック」に差し迫るデビュー時期の画像1

 今月8日、パチスロメーカーの団体「日本電動式遊技機工業協同組合(通称 日電協)」が通常総会を開催。規則改正後の「動向」について会議が行われた。

 まず、山佐の代表取締役で同団体理事長を務める佐野慎一氏は業界の見通しについて「自主規制の見直しにより、短時間で遊べるパチスロ機の提供が可能になった。開発の自由度の高まりに期待が持てる」と言及。

 また、記者会見ではパチスロ「6号機」の開発状況にも触れており、岩堀和男技術委員長は「保通協による5月中の試験で4型式が適合した」「早ければ”お盆商戦”でパチスロ6号機が販売される可能性もある」と、少なくとも今年中までの”6号機導入”を示唆した。

 改正当初は「出玉面」「ゲーム性」など、これまでと大きく異なる開発が求められるだけに、ネガティブな声が上がっていたパチスロ「6号機」。

 しかし、保通協の試験結果では複数の機種が適合し、さらに”お盆商戦”つまり「今夏販売」が見込まれるなど朗報が相次いでいる。現在パチスロ市場は「5.9号機」が苦戦を強いられている状況だが、新規則「6号機」のデビューを機に、その悪い流れを断ち切ってくれそうな気配だ。

 そんな6号機情報のなかでも、ユーザーから最も注目されたニュースといえば、やはり大都技研の新規則第一弾『HEY!鏡』の発表だろう。

 先日公開されたPVでは、同社の看板シリーズ『押忍!サラリーマン番長』の人気キャラクター・鏡慶志郎をモチーフにした機種であることが明らかに。また業界関係者の間では、すでにスペック面に関する情報が浮上中だ。

6号機『番長』降臨で”パチスロ市場”独占確定!? 純増制限なし「爆裂ATスペック」に差し迫るデビュー時期のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!