NEW

ブラストワンピース衝撃の新潟記念(G3)参戦発表……裏に「社台の使い分け」や「体質」も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラストワンピース衝撃の新潟記念(G3)参戦発表......裏に「社台の使い分け」や「体質」も?の画像1

 激戦が繰り広げられた上半期G1が終わり、今週から夏競馬が本格的に始まる。この期間、多くの3歳馬は放牧に出され、成長を促されながら下半期G1戦に備える。やがて、9月のトライアルレースに向けて馬たちは厩舎に戻されて準備を進めていくのである。それは多くの3歳馬たちが目指す最後のクラシック一冠、菊花賞(G1)に向かっていくためだ。

 ところが、同じ3歳馬でもセントライト記念(G2)や神戸新聞杯(G2)という菊花賞のトライアルレースではなく、違うレースをステップレースとして選び、菊花賞へ向かうということが発表された馬がいる。

 ブラストワンピース(牡3 美浦・大竹正博厩舎)である。

 なんとこの馬は、トライアルレースには向かわず、9月の第1週の新潟記念(G3)に向かうことが発表された。そこから菊花賞を目指すと言うのだ。

 日本ダービーから一カ月以上が経ち、また、知らない方もいると思うので、改めてブラストワンピースがどういう馬であるのか、ご紹介しよう。

 父ハービンジャー、母の父にキングカメハメハの血統を持つこの馬は末脚のキレが武器。昨年の11月に東京でデビュー。新馬の芝1800m、3歳500万下の芝2400と連勝し、3走目は阪神で初重賞の毎日杯(G3)。2番手追走で直線抜け出し3連勝を飾る。そして迎えた日本ダービー(G1)。スタートは遅れたが内目の中団につけ、向正面で先頭集団の5番手に。直線抜け出そうとした際、外のワグネリアン、内のジェネラーレウーノに挟まれ、前にコズミックフォースがいて八方塞がりとなる不利。一旦馬を下げて外に出し、エタリオウと併せ馬で追い込んで5着。直線での不利がなければ、もしかしたらダービー馬の称号はこの馬だったかもしれない。その脚は、秋以降の走りに期待が持てるものであった。

 そんな春の走りを見せたブラストワンピースが、3歳クラシックのステップレースであるセントライト記念よりも2週早く、神戸新聞杯より3週早い新潟記念を使うという。当然、新潟記念は3歳以上の古馬も走るレースで、サマー2000シリーズを狙っている馬たちがここに向かってくれば、激戦も予想される。今後のためにも賞金を上積みしておきたいと陣営も考えているだろうが、そういう古馬たちを蹴散らせるブラストワンピースだと考えての出走なのだろうか?

ブラストワンピース衝撃の新潟記念(G3)参戦発表……裏に「社台の使い分け」や「体質」も?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!