NEW

パチンコ「激アマ」「超出玉」問題でアノ「暴れん坊」が消滅? 連日「10万発オーバー」続出の"爆裂機"に悲劇到来か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「激アマ」「超出玉」問題でアノ「暴れん坊」が消滅? 連日「10万発オーバー」続出の爆裂機に悲劇到来かの画像1


 謎のセグパチンコ『デラマイッタ』や江戸時代をピックアップした『悪代官』など、一風変わった機種開発で知られる名物メーカー・豊丸

 先日、新規則機初となる『PAナナシーDXII 88GO』を発表したが、本機はシリーズを踏襲した"遊びやすさ"が健在だ。大当たり確率は1/88.92、(DXスタート・GOチャッカ―通過時は1/65.54)で獲得出玉は約972発と、長く楽しく遊べる『ナナシー』らしさ全開の仕上がりとなっている。

 その一方で、豊丸は遊びやすさとは正反対の"エッジの効いた"スペックも特徴的だ。食べ物シリーズ第一弾『餃子の王将』はまさしくその代表的機種であり、一撃7000発も可能にした強烈出玉に加え、連チャン性能も搭載。これまでにいくつものシリーズ機が販売されてきた豊丸の"代名詞的存在"である。パチンコホールへ確かな"熱"を呼び込んだに違いない。

 このように『ナナシー』のような機種だけではなく、射幸性の高いスペックも目立つ豊丸。

 そんな同社から先日、食べ物シリーズ第二弾となる『CR今日もカツ丼』がデビュー。『ナナシー』と「1発台」を融合させたスペックとなっており「右へ落ちれば大当たり」「左へ落ちればハズレ」という、玉の動きを演出する「シーソー役物」が本機最大の魅力だが......。

 それ以上に熱視線を浴びているのが、あまりにも強烈な"出玉性能"にあるようだ。

「本機のゲーム性は『一発台』で獲得出玉は約4328発。ごく稀に『幻のもう1杯』という大当りが連チャンする機能が搭載されていますね。ただ、仕組み的に大量連チャンすることはなく、あくまで最高は"2連チャンまで"です。

そんなスペックとなっている『今日もカツ丼』ですが、登場から間もなくして『10万発超え』が相次ぎました。なかには、稼働をストップさせたホールもあるみたいですね。本機の動向を危惧するユーザーは多かったです」(記者)

 当然、玉の"動き方"が重要視される「一発台」となれば、ホールサイドの"やる気"に大きく関わる仕様だ。しかし、それでも予期せぬ「大量出玉」が連日にわたって頻発しているわけだが......。

パチンコ「激アマ」「超出玉」問題でアノ「暴れん坊」が消滅? 連日「10万発オーバー」続出の"爆裂機"に悲劇到来かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ一発台豊丸の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!