NEW

JRA藤田菜七子「エージェントクビ」事件、キタサンブラックサブちゃんに疑惑、中内田調教師の学歴問題……上半期「競馬スキャンダル」総ざらい

【この記事のキーワード】, ,

キタサンブラック北島三郎に黒い交際疑惑が浮上

JRA藤田菜七子「エージェントクビ」事件、キタサンブラックサブちゃんに疑惑、中内田調教師の学歴問題......上半期「競馬スキャンダル」総ざらいの画像2

ライター「A」:菜七子騎手の明るい話題以外にもさまざまなことがありましたね。耳目を集めたのは「週刊新潮」(新潮社)がすっぱ抜いたキタサンブラックのオーナーである北島三郎氏の黒い交際疑惑でしょうか。

デスク「Y」:サブちゃんが自分の記念館の建設資金の融資をめぐってトラブルが勃発。関係者のひとりが暴力団関係者を頼ったことでゴタゴタが大きくなったんだよね。

ライター「A」:騒動が表沙汰になるに連れて、過去に北島氏が暴力団関係者と密接な関係にあったことまで話は広がり、一時は馬主資格の剥奪の危機とまでいわれていました。

デスク「Y」:結局、事態は一応の収束を見たようで無事にサブちゃんも馬主を続けているね。このことはいろんな「事情」が複雑に絡み合っているから、全部を読み解くのは難しいんじゃないのかな。それにしても芸能界はほんと怖~い~。

中内田調教師「プレミアム」な学歴がまさかの……

JRA藤田菜七子「エージェントクビ」事件、キタサンブラックサブちゃんに疑惑、中内田調教師の学歴問題......上半期「競馬スキャンダル」総ざらいの画像3

ライター「A」:触れられたくない過去が掘り起こされてしまった形ですね。過去といえば、2歳王者ダノンプレミアムを管理する中内田充正調教師に、『経歴を詐称しているのではないか』という疑惑が浮上しましたね。

デスク「Y」:自身のHPに記載したり、自称していたりした学歴に誤りがあったことを「アサヒ芸能」(徳間書店)が報じたんだよね。開業後わずか4年でG1馬を輩出するエリートだったんだけど、その輝かしいキャリアにケチが付いちゃった。

ライター「A」:このこととは直接関係はないでしょうが、中内田調教師が管理するダノンプレミアムは牡馬クラシック制覇の筆頭候補として見られていたものの、この報道後にまず皐月賞回避を発表。その後、ダービーへ向かうも6着と無念の結果に終わっています。

デスク「Y」:飛ぶ鳥を落とす勢いがなくなっちゃったよねぇ。どちらかはダノンプレミアムが勝つと思ってたんだけどなぁ~。ダービーは”最も運の良い馬が勝つ”なんて言われているし、ちょっと持ってなかったのかもね。

JRA藤田菜七子「エージェントクビ」事件、キタサンブラックサブちゃんに疑惑、中内田調教師の学歴問題……上半期「競馬スキャンダル」総ざらいのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
4JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
7ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
8秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
9「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?
10年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?