NEW

JRA最強オジュウチョウサンが武豊鞍上になった理由......「オーナーの感動」と「最後のチャンス」に期待

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA最強オジュウチョウサンが武豊鞍上になった理由......「オーナーの感動」と「最後のチャンス」に期待の画像1

 先日、陣営から発表されたオジュウチョウサン(牡7 美浦・和田正一厩舎)の「福島の平地出走」と「鞍上に武豊騎手」の報。オジュウチョウサンのファンのみならず、長らく障害レースを見てきたファンや、一部のコアなファンまでもが、この陣営の決断に戸惑いながらも、どういう走りを見せてくれるのか、期待していることだろう。

 現在J・G1含め合わせて重賞9連勝中の最強ジャンパーが、なぜ平地出走を決めたのか。当初、この出走は鞍上も込みで福島100周年を盛り上げる一環なのだろうと思われていた。しかし、馬主「チョウサン」のオーナーである長山尚義氏の想いは少し違っている。

「どうやら有馬記念のファン投票がきっかけみたいです。昨年の有馬記念にオジュウチョウサンの票が1278票(77位)も入っていたことに長山氏は感動していたそうです。でもこの馬は平地未勝利のまま障害レースに来たので、グランプリレースは平地1勝以上を上げていないと出走できません。障害レースに敵なしとなった今、かねてから気にしていた"平地1勝"を目指す決意をしたみたいですね」(競馬誌ライター)

 オジュウチョウサンは平地は2戦だけ。2013年10月にデビューし2歳新馬戦11着。2走目の2歳未勝利戦8着。気性面や体質面で成長を促すまで待ち、1年の休養を経て、平地未勝利のまま2014年11月に障害未勝利戦デビューとなった。

 陣営が焦らなかったが故に、芯が入った馬体で次々と障害重賞を連勝できているのだろう。今であれば、このタフな馬体で平地勝利の期待に応えることも可能ではないだろうか。

 ちなみに新馬戦1、2、4〜6着の馬は地方に転じた馬もいるが7歳でも現役で、6着のマドリードカフェは現在J・G3を勝っている障害馬である。3着のバンズームだけが先日引退を発表した。意外にもタフなメンバーと新馬戦を戦っていたようである。

JRA最強オジュウチョウサンが武豊鞍上になった理由......「オーナーの感動」と「最後のチャンス」に期待のページです。GJは、競馬、JRAオジュウチョウサン武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!