Business Journal  > GJ  > 競馬  > 帝王賞「サイン」  > 2ページ目
NEW

帝王賞「サイン」は川栄李奈・藤田ニコル降臨が大ヒント!? 福永祐一まさかの「カミングアウト」で超強烈サイン

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実は川栄さんは、昨年12月に中央競馬のG1・阪神ジュベナイルフィリーズでゲストプレゼンターをされています。その際、筆者はAKBグループ繋がりで、NMB48の「さや姉」こと山本彩に注目。伏兵のサヤカチャンを本命にしたが、見事に玉砕しました。

 そんな個人的な思い出はさておき......この時は11→7→4で決着。11番のネオヴェルモットは厳しいかもしれませんが、7番アウォーディーと、4番ゴールドドリームには当然注意が必要でしょう。

 このレースで1番人気に支持されながらも9着に敗れたのが、C.ルメール騎手。今回のゴールドドリームも1番人気が濃厚で、果たしてリベンジなるか、それともルメール騎手にとっては"悪夢"の再来となるか注目です。

 また、今年の帝王賞のCMポスターには「帝王、マジ、ハンパない。。」という文字が。

 今「半端ない」といえば、サッカーW杯で大ブレイク中の大迫勇也選手。日本代表での背番号は「15」ということで、15番アサクサポイントの激走に期待しましょう。

 さらに少し捻って、早くも今年の流行語大賞になりそうな「大迫半端ない」にも注目。このフレーズが生まれた大迫選手の鹿児島城西高時代の高校選手権では、合計「10得点」と大爆発でした。10番のサウンドトゥルーにもチャンスがあるかもしれません。

帝王賞「サイン」は川栄李奈・藤田ニコル降臨が大ヒント!? 福永祐一まさかの「カミングアウト」で超強烈サインのページです。GJは、競馬、サイン川栄李奈帝王賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!