NEW

JRA藤岡佑介「性格」は関係者内でも評判......好調&勝負強さもつき非の打ち所のない存在に

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤岡佑介「性格」は関係者内でも評判......好調&勝負強さもつき非の打ち所のない存在にの画像1

 6月24日(日)函館競馬場第6R・3歳未勝利戦でアスタービーナスに騎乗して優勝した藤岡佑介騎手。この勝利で、史上61人目、現役28人目のJRA通算700勝を達成した。

 2004年にデビューした藤岡佑騎手は1年目から35勝をあげ、朝日杯フューチュリティSでG1初騎乗を果たすなど活躍。次代を背負って立つ騎手のひとりとして期待されていた。だが、近年は成績が低迷しており伸び悩みがささやかれていた。

「騎乗技術には定評があり、記憶力も抜群で厩舎スタッフの名前や記者の名前もしっかり覚えているので、マスコミや関係者たちの受けもバッチリ。さらに馬主や調教師などへのお礼や時候の挨拶なども欠かすことがなく、彼のことを悪く言う人は見たことないですね。

 しかし、競馬界でも有数の人格者といわれるその優しい性格が災いしたのか、いつしか"勝負弱い"というレッテルが貼られてしまいました。『もう少し、勝負に徹することができるのならば変わる』と関係者たちからは言われていましたね」(競馬誌ライター)

"優等生"藤岡佑介騎手。皆が口を揃えて彼をそう評した。だが、今年の藤岡佑騎手はそれだけではない。すでに近5年を上回る41勝をあげ、さらに今年のNHKマイルC(G1)では、ケイアイノーテックに騎乗してキャリア初となるG1制覇を達成。かつて無いほど充実の一年を過ごしている。

JRA藤岡佑介「性格」は関係者内でも評判......好調&勝負強さもつき非の打ち所のない存在にのページです。GJは、競馬、ケイアイノーテック武豊藤岡佑介の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!