NEW

パチンコ「歪んだ出玉」トラブルに怒号の嵐...... "超"時速スペックが招いた「最悪の末路」

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「歪んだ出玉」トラブルに怒号の嵐...... 超時速スペックが招いた「最悪の末路」の画像1


 現在、強烈な"出玉性能"で大きな波紋を呼ぶ一発台『CR今日もカツ丼』(豊丸)。今月18日にデビューを飾った本機だが、登場から間もなくして獲得出玉「10万発オーバー」が相次いだ。

 その予想外すぎる出玉性能に当然ファンからは「ゲロ甘すぎる!!」「閉店と同時に並ぶわ!」と歓喜の声で埋め尽くされたわけだが......一方でパチンコホールは「本機の扱い方」に関して四苦八苦していた模様。そのため、販売元である豊丸はその責任を取り「代替手段」を余儀なくされたとの情報が浮上した。

 ただ、こうした「予期せぬ挙動」で撤去されるケースは珍しくなく、近年では『パチスロサクラ大戦3』がその代表的な例である。

 ホールから「最低設定でも収益が上がらない」との苦情が殺到。稼働を停止する店舗が続出し、メーカー側は「代替機との交換」「営業補填」などを行い、多額の損失を被ることになってしまったのだ。

 こうして見ると、どれもユーザー側にとっては有利な不具合ばかり。もちろん、それはホールにとってマイナスとなってしまい、メーカー側は動かざるを得ないわけだが......。

 その逆の「ユーザー側がマイナス」となるトラブルが、先日販売された新機種に発生しているようだ。それが、出玉スピード「時速3万発」と囁かれていたアノ大物である。

パチンコ「歪んだ出玉」トラブルに怒号の嵐...... "超"時速スペックが招いた「最悪の末路」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ豊丸高尾の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!