NEW

帝王賞(G1)古川吉洋「暴走」で「武豊×テイエムジンソク」チェンジの可能性......個人馬主と「逃げ」という共通点

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
帝王賞(G1)古川吉洋騎手「暴走」で「武豊×テイエムジンソク」チェンジの可能性......個人馬主と「逃げ」という共通点の画像1
テイエムジンソク「競馬つらつら」より

 27日、大井競馬場で行われた第41回帝王賞(G1)は、2番人気ゴールドドリームがインコースを突き、連覇を狙ったケイティブレイブとの叩き合いを制して同レース初戴冠。マイラーなのではと不安もあったが、見事に克服した形だ。

 C.ルメール騎手とゴールドドリームが見事な勝利を見せた一方で「やってしまった」とファンがガックリしてしまったのが、3番人気ながら6着に敗れたテイエムジンソク(牡6 栗東・木原厩舎)と古川吉洋騎手だ。

 好スタートから、早々と持ち味である「逃げ」を披露したまではよかった。これまでもこのレースぶりで好走した例が多いだけに、この時点では多くのファンも期待したのではないか。

 ただ、1000m通過タイムは59.9。大井のダートが中央のそれよりも「重い」という評価が多数ということを考えれば、これは明らかに「早すぎ」である。結果、テイエムジンソクは直線に入って間もなく1,2着馬に捉えられ、その後もズルズルと後退して敗戦。地方に移籍したリッカルドにも軽くあしらわれる有様だった。ついでにインコースをがら空きにしてゴールドドリームに「ヴィクトリーロード」をアシストするおまけつきである。

「テイエムジンソクにとって2000mは『長い』という意見はありますが、さすがに今回は古川騎手のコントロールミスに見えますね。本人は『結果としてペースが』と語っていたようですが、それをコントロールするのが騎手では?というツッコミもあります。特段暴れていたわけでもありませんし、古川騎手のペース配分のミスだったと言われても仕方がないです。

これで今年のフェブラリーS12着、平安S6着に続く3連敗。昨年の躍進を考えれば『敗戦で糸が切れた』という見方もできますが......乗り替わりの可能性もあるかもしれません」(現場関係者)

帝王賞(G1)古川吉洋「暴走」で「武豊×テイエムジンソク」チェンジの可能性......個人馬主と「逃げ」という共通点のページです。GJは、競馬、テイエムジンソク古川吉洋の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!