NEW

ラジオNIKKEI賞「サイン」吉田鋼太郎の『おっさんずラブ』馬券!? 日本代表を決勝トーナメントへ導いた「フェアプレー」馬券で三連複1点勝負!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ラジオNIKKEI賞「サイン」吉田鋼太郎の『おっさんずラブ』馬券!? 日本代表を決勝トーナメントへ導いた「フェアプレー」馬券で三連複1点勝負!の画像1

 1日に福島競馬場で開催されるラジオNIKKEI賞(G3)は、3歳限定重賞ながらハンデ戦という極めて稀有なレースである。

 まだキャリアが浅く底が割れていない馬が多い上に、ハンデが介入すれば一筋縄でいかないことは当然か。思わぬ伏兵の激走も珍しくなく、昨年も三連単は15万馬券を記録している。

 しかし、そんな難解なレースだからこそ”一発”を秘めているのが、競馬の常識に捕らわれない「サイン馬券」である。「どうせ、考えても当たらない」という方は、一口乗ってみては如何だろうか。

 この日のサイン的な大注目は、なんといっても俳優の吉田鋼太郎がゲストプレゼンターとして来場することだろう。

 今年で59歳ながら、ドラマ初主演は2014年という”遅咲き”の役者。しかし、今年4月に放送された『おっさんずラブ』(AbemaTV)の黒澤武蔵役がハマって大ブレイク。今ならG1のプレゼンターに呼ばれても不思議ではない人気ぶりだ。

 そんなわけで、まずはストレートに「おっさん」に注目したい。今年のラジオNIKKEI賞で騎乗する騎手の中で、最も”おっさん”なのは今年49歳の蛯名正義騎手。イェッツトにはマークが必要だろう。

ラジオNIKKEI賞「サイン」吉田鋼太郎の『おっさんずラブ』馬券!? 日本代表を決勝トーナメントへ導いた「フェアプレー」馬券で三連複1点勝負!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!