NEW

JRA藤田菜七子「争奪戦」勃発!「いくら払ってもいいからほしい」壮絶なる戦いに驚愕

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子「争奪戦」勃発!「いくら払ってもいいからほしい」壮絶なる戦いに驚愕の画像1

 今年で福島競馬場は100周年を迎える。それにちなんで、第2回福島開催では毎週イベントが行われている。各週ごとに著名人を招いてのトークショー、福島の思い出のベストホース大賞1位に輝いたツインターボの特別展、100周年記念デザインの勝馬投票券、ターフィーショップ100周年限定グッズ販売、巨大ガチャ抽選会など開催されており、大盛況であるという。

 そんな中、ジョッキーとファンの交流イベントで、6月30日(土)に全レース終了後、『チャリティーオークション』が行われた。これは、ジョッキーがグッズを出品して、ファンにセリに参加してもらい、落札した金額をすべて「東日本大震災ふくしまこども寄付金」に寄付するというもの。司会もジョッキーが行なうため、参加した田辺裕信騎手、西田雄一郎騎手、武士沢友治騎手らがオークションの盛り上げに一役買って出ていた。

 すると、まさにこのオークション大会の目玉とも言うべき注目の出品を迎えることになった。今年も福島開催にやってきた藤田菜七子騎手。彼女が着用していたピンクのジャージが出品されたのだ。

「待ってましたと言わんばかりに、一気にセリが熱を帯びましたね。競馬界のジョッキー人気は、いまや『西の武豊、東の藤田菜七子』と言われてますからね。ここ福島でも人気があります。藤田菜七子騎手が遠征にきた時の福島競馬場のパドックは、老若男女問わず、ひと目見ようとするファンで埋め尽くされますから」(現場記者)

“菜七子フィーバー”がいまだに燻りつづけている全国の競馬場。ひとたび彼女がレースにでてくるとパドックや本馬場の空気が変わり、彼女が複勝圏内に飛び込んで来そうになれば、彼女の馬券を買っていなくとも声援を送り、彼女が勝とうものなら自分が馬券を当てたかのごとく盛り上がる……そんなワンシーンは、中央開催だけでなくローカル開催でも見られる光景で、いかに藤田菜七子騎手がファンから愛されているかがわかる。

JRA藤田菜七子「争奪戦」勃発!「いくら払ってもいいからほしい」壮絶なる戦いに驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか