NEW

「6段階設定パチンコ1号」に続く”激アツ”新規則機!? 現行ホール王者メーカーへ熱視線!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「6段階設定パチンコ1号」に続く激アツ新規則機!? 現行ホール王者メーカーへ熱視線!!の画像1

 続々とタイトルが判明している新規則パチンコ

 好調メーカー藤商事からは『喰霊』と『FAIRY TAIL』が、ニューギンからも同社の名作『ミルキーバー』、高尾からは看板コンテンツ『カイジ』が検定を通過し大きな話題になっている。

 その中でもひときわ注目を集めているのは、SANKYOの『革命機ヴァルヴレイヴ』だろう。本機は新規則における最大のポイント「設定搭載」仕様。規則改正以前は難しいと言われていた「6段階設定」を実現していることもあり、熱視線を浴びている。

「確変リミッター付きの転落タイプという少し複雑な仕様で、出玉率にそれなりの開きがあるようですね。設定6の勝率は非常に高く、設定判別要素は多く用意されているとか。

 規制下の機種なので出玉スピードは遅くなるでしょうが、これまでにはなかった楽しみを有していることは間違いなさそうです。導入が楽しみですね」(パチンコライター)

 これまでの常識を覆すであろう設定搭載パチンコ。新たな可能性を秘めたパチンコへの期待は高まるばかりだ。ヒットメーカーSANKYOの「6段階設定パチンコ」第1号の登場が非常に楽しみだが……。

 同社の注目機種は『ヴァルヴレイヴ』だけに留まらない。一部ファンの間で好評を得ている”アノ機種”が新規則機として登場する可能性が高いようだ。

「6段階設定パチンコ1号」に続く”激アツ”新規則機!? 現行ホール王者メーカーへ熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!