NEW

JRA「隠れた3歳大物」が菊花賞挑戦濃厚……「逃げ」からの転換で重賞勝利、成長もこれから

【この記事のキーワード】, ,
JRA「隠れた3歳大物」が菊花賞挑戦濃厚......「逃げ」からの転換で重賞勝利、成長もこれからの画像1

 先日行なわれた3歳戦、ラジオNIKKEI賞(G3)で厳しい流れを凌ぎ切って勝ったメイショウテッコン(牡3 栗東・高橋義忠厩舎)。これまでは揉まれ弱いために、どうしても逃げなければ勝てなかった馬が、今回は3、4番手に控える形でレースを運び、直線抜け出して迫ってきた1番人気フィエールマンを振り切り勝利を掴んだ。

 まだ決定ではないものの、秋の神戸新聞杯(G2)を経由して菊花賞(G1)を目指し調整していくようだ。

 今のところ、ダービー馬ワグネリアン以外の日本ダービー2〜5着馬が菊花賞参戦を予定しており、ここにトライアルレースで浮上してくる馬が割って入ってくるのだが、メイショウテッコンもこれに加わってくる可能性が高い。

「未知の3000mを走るんですから。それこそステイヤーのようなスタミナが問われるレースになる場合、どの馬も不安。メイショウテッコンにもチャンスはあるでしょう。むしろメイショウテッコンは引っ掛かって自滅することのほうがこわいですね。ただ、今回レース序盤は引っ掛かっていましたが、途中から落ち着いた走りができていました。

逃げの馬が3番手に控えてなんとか折り合い、ハンデ戦で56キロ背負って勝ったのは大きかったですね。厩舎関係者も収穫ありだったと喜んでいたようです。鞍上の松山騎手も『しっかり馬も我慢してくれた』と、揉まれても問題なかったメイショウテッコンを褒めていましたね」(現場記者)

 レース中に引っ掛かってしまう部分に関しては、秋までまだ時間があり、それほど心配はいらないかもしれない。この夏に放牧に出し、心身の成長があればすぐ解消される問題だろう。

JRA「隠れた3歳大物」が菊花賞挑戦濃厚……「逃げ」からの転換で重賞勝利、成長もこれからのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  3. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  4. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  5. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  6. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  7. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  9. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  10. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は