NEW

セレクトセール検討!ディープインパクト、ロードカナロア産駒、現役馬主も認めた「1億円超え」はこの17頭!

セレクトセール検討!ディープインパクト、ロードカナロア産駒、現役馬主も認めた「1億円超え」はこの17頭!の画像1

 今年もこの季節がやってきた。馬主と生産者にとって年に一度のビッグイベント、日本最大のサラブレッド競り市であるセレクトセールが7月9~10日にノーザンホースパークで行われる。

 過去にディープインパクトやジャスタウェイなど多くの名馬がこのセールで取り引きされ、そして国内外で活躍し、日本競馬史にその名を残した。今年のクラシックでも皐月賞のエポカドーロ、大阪杯のスワーヴリチャード、天皇賞(春)のレインボーライン、そして宝塚記念を制したミッキーロケットもこのセレクトセール出身馬だ。

 セレクトセールは2000年に誕生したが、それまでの日本の競りとは一線を画すその手法が話題となった。生産者がセレクトセールに生産馬を上場させるには、血統、馬体などで課せられた様々な条件をクリアしなければならない。国内だけでも年間7000頭近いサラブレッドが生産されているが、上場できるのは約540頭。生産者にとって非常に高く狭き門なのだ。そしてセール会場は海外のセールを意識した豪華な作りであり、会場では来場する馬主や関係者向けに趣向を凝らしたおもてなしをしている。また海外から関係者も多く来場し、今年5月にチャーチルダウンズ競馬場で行われた第32回ターフクラシックS(G1)を優勝したヨシダ(ノーザンファーム生産)もこのセールで9400万円で落札された馬なのである。

 そしてその取引額は破格の金額で、1億円超えの高額取引は当たり前、昨年に至っては落札馬406頭中32頭が1億円超えという状況だ。過去最高落札額は2006年の6億円、合計取引額は昨年記録した173億2700万円が最高と、アベノミクスの影響かますます勢いを増している。

 昨年のセレクトセール1億円超え種牡馬は

ディープインパクト=17頭

ハーツクライ=5頭

ロードカナロア=4頭

キングカメハメハ=3頭

ブラックタイド=1頭

ジャスタウェイ=1頭

オルフェーヴル=1頭

 となっており、ディープインパクトが圧倒的に多い。この傾向と昨年以降のG1レースの結果を加味すると、ディープインパクト、ハーツクライ、ロードカナロア、キングカメハメハから1億円馬が多数誕生することが想像される。今年も多くの素質馬が上場されるが、その中で1億円超えの取引が期待できる注目馬を紹介しよう。

セレクトセール検討!ディープインパクト、ロードカナロア産駒、現役馬主も認めた「1億円超え」はこの17頭!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待