NEW

JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」

【この記事のキーワード】, ,
JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」の画像1

 4年8カ月ぶりの平地レースで3馬身差の圧勝劇を繰り広げたオジュウチョウサン(牡7歳、美浦・和田正一郎厩舎)。3コーナー過ぎに早くも先頭に立つと、あとは一方的に他馬を突き放して、会心の勝利を飾った。

 レース後に武豊騎手は「すごいですね。もっと走りそうです」と同馬を褒めちぎった。また「デイリースポーツ」の取材には「え、予想で無印にしたの?(笑)」と周囲の記者に対してリップサービスまで披露したという。

「レース前に自身の公式サイトの日記で『次も平地を使いたくなるような、インパクトのある勝ち方が理想』と綴っていましたが、まさにこの言葉通りになったと思います。障害最強馬が平地でどこまでやれるのか、これからも見てみたい気持ちはありますね」(競馬記者)

 オジュウチョウサンが初平地勝利を飾った7日の福島競馬場は、同馬の姿をひと目見たいというファンが詰めかけ、前年比138.3%の1万4247人を記録した。またオジュウチョウサンが出走した開成山特別の売り上げは前年比2倍に迫ろうかという11億4320万1100円。さらにオジュウチョウサングッズ売り場も展開され、そちらでも約500万の売上を記録したという。

 オジュウチョウサンがレースにも勝ち、興行的にも大成功。この日は福島競馬場がオジュウチョウサンフィーバーに湧いた1日となった。

JRA石神深一「オジュウチョウサンと別れ」意識? 売上大幅UPに勝利の歓喜、複雑な思い詰まった「7.7狂騒曲」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか