NEW

パチンコ新台「究極の1/2」出玉性能が実現!? 超「高継続スペック」は"新領域"へ突入か?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ新台「究極の1/2」出玉性能が実現!? 超「高継続スペック」は新領域へ突入か?の画像1


 2017年の代表機種『CRF戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)を筆頭に、デジパチと羽根物を融合させた「1種2種混合機」の活躍が目立つ昨今のパチンコ

 同年には、継続率80%を可能にした『吉宗4 天昇飛躍の極』(大都技研)、『魔法少女まどか☆マギカ』など人気コンテンツも本システムを採用しているように、今注目の人気スペックであることは間違いない。

 さらに、今月導入予定の『七つの大罪』は画期的なシステム「全反撃(フルカウンター)スペック」を搭載。大当り毎によって「時短回数」が変化し、同時に「実質連チャン」も変わる新感覚なゲーム性を取り入れている。

 気になる連チャン率は40%~99.9%(独自算出)。緊張感と安心感......パチンコに必要不可欠な"波"のある出玉感を堪能できそうである。導入後の稼働状況が気になるところだ。

 このように時代のトレンドになりつつある「1種2種混合機」。やはり注目されるのは出玉規制に左右されない「連チャン性能」ばかりだが......。

 そのイメージをガラリと変える"究極"の新台が登場予定。独自路線を貫く新規メーカー・七匠の『CR究極神判』が話題だ。

「つい先日リリースが決定したばかりですが、早くも注目を集めていますね。本作のコンセプト『究極の1/2』。とにかく50%の引きが重要になってくるようです。

パチンコ新台「究極の1/2」出玉性能が実現!? 超「高継続スペック」は"新領域"へ突入か?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、シンフォギアパチンコ新台の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!