NEW

パチンコ「回胴女王」パチスロ市場に電撃参戦!? 新規則機も霞む「異例のコラボ」に驚愕......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「回胴女王」パチスロ市場に電撃参戦!? 新規則機も霞む「異例のコラボ」に驚愕......の画像1


 業界初となる設定付きパチンコ『Pフィーバー革命機ヴァルヴレイヴW』を最速で発表したSANKYO。自社を"リーディングカンパニー"と自負していることも納得の、業界の最先端を行くトップメーカーの一つだ。

 昨年の代表機種『CRF戦姫絶唱シンフォギア』は今もなお高稼働中。今年デビューした『Zガンダム』は、これまでのシリーズ機に対する「マイナスイメージ」を変えることに成功した。さらに、設定を搭載した新規則機は『ヴァルヴレイヴ』だけではない模様。今年もパチンコホールは"SANKYO一色"になりそうな気配である。

 ただ、これらはあくまでパチンコ分野に限った話。確かに先日導入されたパチスロ『トータル・イクリプスLv.MAX‐RT』の出玉性能は大きな注目を集めているが、トータルの実績はパチンコには遠く及ばない。それはパチンコホールに行けば一目瞭然だ。

「SANKYOのパチスロといえば、かつてホールのメイン機種として活躍した『エヴァンゲリオン』シリーズだけが大ヒットした印象。ただ、今はその『エヴァ』ですら高い評価を得ることが厳しくなっています。今年2月に名作『まごころを、君に』を復刻しましたが、期待以上の実績は残せていないイメージです。

多くのファンが『パチンコ人気だけ一人歩きしている』と"パチスロ低迷"を危惧していますね......」(記者)

 高い実績を残し続けるパチンコとは打って変わって、苦戦を強いられるパチスロ。もともと、パチンコメーカーとして成功を収めてきたことを考えれば、当然の結果かもしれない。

 実際、パチスロ『エヴァンゲリオン』は大ヒットしたものの、その後ヒットした機種は少なく、昨今の稼働状況を見ればなおさらだ。心配の声が上がるのも無理はないが......。

パチンコ「回胴女王」パチスロ市場に電撃参戦!? 新規則機も霞む「異例のコラボ」に驚愕......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、SANKYOパチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!