NEW

JRA個性派オーナー「勝利の方程式」が炸裂!?「長距離の鬼」ステイゴールドの大器がリベンジの秋へ貴重な1勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA個性派オーナー「勝利の方程式」が炸裂!?「長距離の鬼」ステイゴールドの大器がリベンジの秋へ貴重な1勝!の画像2

「惜しくも敗れはしましたが、前走の京都新聞杯も上がり3ハロンは最速でしたし、騎乗していたH.ボウマン騎手が『もう少し早めに動いたほうが良かったかも』と後悔するような惜しい競馬。

 オルフェーヴルやゴールドシップ、今年の天皇賞・春(G1)を勝ったレインボーラインなど、長距離戦で抜群の強さを見せるステイゴールド産駒だけに、菊花賞に進んでほしいですね。またオーナーの青芝商事と池江厩舎は相性が良いですし、この秋だけじゃなく、古馬になってからもどこか大きな舞台で一仕事しそうな気配は感じます」(別の記者)

 オーナーの青芝商事はこれまでオーシャンブルー(金鯱賞)、ステイインシアトル(鳴尾記念)と2頭の重賞ホースを所持した経験があるが、この2頭は共に「ステイゴールド産駒」で「池江泰寿厩舎」の管理馬だ。

「実は青芝商事のステイゴールド産駒は、すべて池江厩舎に預けられています。他にも例えばサクラバクシンオー産駒なら羽月友彦厩舎、フジキセキ産駒なら手塚貴久厩舎と、種牡馬によって厩舎を使い分ける傾向がある珍しい馬主さんです。

 池江厩舎の代表馬はステイゴールド産駒のオルフェーヴルですし、そういった経験や相性の良さを重視されているのかもしれません」(同)

 そういった意味では、シャルドネゴールドも「勝利の方程式」に当てはまっているといえる。果たして、オーナーの狙いは秋に大輪の花を咲かせるのだろうか。粗削りな分、まだまだ大きな伸びしろを感じるステイゴールド産駒に注目したい。

JRA個性派オーナー「勝利の方程式」が炸裂!?「長距離の鬼」ステイゴールドの大器がリベンジの秋へ貴重な1勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!