NEW

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー......川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー......川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々の画像1

 17日、一般社団法人「Mリーグ機構」が都内で会見を開き、プロ麻雀リーグ『Mリーグ』の発足を発表。プロスポーツ化、そしてオリンピック競技化を目的に麻雀の社会的イメージの向上などを掲げ、史上初となるチーム対抗戦のナショナルプロリーグが誕生する。

 古くから多くの人々に親しまれてきたギャンブル「麻雀」が、スポーツとして生まれ変わる。そう述べても決して過言にはならないほど、麻雀界が歴史的革命の時を迎えた。

 会見の壇上に現れたのはMリーグの発起人であり、チェアマンを務める株式会社サイバーエージェントの代表取締役社長・藤田晋氏だ。これまで自社が手掛けたインターネットテレビ局『AbemaTV』に麻雀専門チャンネルを設立し、オリジナルコンテンツの『RTDリーグ』が麻雀ファンから圧倒的な支持を得るなど、麻雀界に大きく貢献してきた人物。今回のMリーグは、そんな藤田氏にとっても1つの集大成となる試みに違いない。

 麻雀は所詮どこまで行ってもギャンブル。賭け麻雀、徹マン、タバコと酒といった「負のイメージ」を変えることなんてできるはずがない。おそらくは、今でも多くの人々がそう考えているだろう。実際にこれまでの麻雀界もイメージの改善を掲げながら、過去の「昭和のイメージ」を払拭できずに苦しんできた。

 その最もたる象徴が、スポンサー企業獲得の難しさだ。

 これまでギャンブルイメージが払拭できず、様々なスポンサー候補が消極的な姿勢を崩さないまま、麻雀界はずっと資金繰りに苦労を重ねてきた。そのためビッグタイトルを獲得するような日本屈指の麻雀プロでさえ、麻雀だけでは生活できない厳しい現実がある。

 しかし、今回のMリーグ発足はそんな現実を根底から覆す足掛かりになることは間違いないと言えるだろう。

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー......川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々のページです。GJは、麻雀、Mリーグ電通麻雀の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!