GJ > 麻雀ニュース > 麻雀『Mリーグ』  > 2ページ目
NEW

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー……川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々

【この記事のキーワード】, , ,

 それはMリーグ参加チームとして、藤田氏に次いで壇上に登場した面々を見れば明らかだ。株式会社博報堂 DYメディアパートナーズ、株式会社テレビ朝日、株式会社コナミアミューズメント、セガサミーホールディングス株式会社、株式会社電通、株式会社 U-NEXT(会見登場順)といった超一流企業の代表クラスが次々と登場する。

 繰り返すが、これは「麻雀」に関する会見だ。

「イメージ的にはエレクトロニック・スポーツ(eスポーツ)の誕生に近いですね。会見では、この瞬間にフォトセッションが行われました。述べるまでもなく、どこもプロ麻雀チームどころか、プロ野球球団を所有していてもおかしくはないほどの超一流企業。この”図”を見て、麻雀界が『本当』に『根本的に変わろうとしている』と実感した取材陣やファンも多かったと思います。

正直、これは従来の麻雀界の市場規模ではあり得なかった構図。最高顧問としてJリーグやBリーグの立ち上げの陣頭指揮を執った川淵三郎氏を招集できたことからも、これらは過去のサッカーやバスケットボールのプロリーグ設立に匹敵する革命だと思います」(記者)

 また、藤田氏は同日にAbemaTVで放送されたニュース番組『AbemaPrime』にもMリーグ発起人として登場。

「麻雀に対して、まだ賭け事のイメージが強いですから、スポンサーがリスクを感じるので(簡単には集められなかった)。なんとか今日に漕ぎ着けたという感じです。今、清々しい……いえ、清々(せいせい)しい気分です(笑)」と会場や視聴者の笑いを誘った。しかし、その軽やかな発言とは裏腹に、リーグ参加企業を見れば、これが一般社会レベルで見ても「歴史的な一大革命」であることは誰にでもわかる。

 具体的に、Mリーグには下記の7チームが参戦する。なおリーグは10月1日から開始され、シーズンを通じ1チーム80試合のリーグ戦が行われる見込みだ。リーグ終盤には、上位4チームによるクライマックスシリーズ(24試合)も行われる。

『参加企業/チーム名(50音順)』
株式会社コナミアミューズメント:KONAMI 麻雀格闘倶楽部
株式会社サイバーエージェント:渋谷 ABEMAS
セガサミーホールディングス株式会社:セガサミーフェニックス
株式会社テレビ朝日:EX 風林火山
株式会社電通:TEAM RAIDEN
株式会社博報堂 DYメディアパートナーズ:赤坂ドリブンズ
株式会社 U-NEXT:U-NEXT Pirates

麻雀『Mリーグ』に電通、テレ朝、コナミ、博報堂、セガサミー……川淵三郎氏『Jリーグ』創設に匹敵する業界革命へ、超一流企業続々のページです。GJは、麻雀、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 麻雀
  • 総合
  1. 萩原聖人「95%は辞めるつもりだった」Mリーグ「引退」について告白……歴史的大敗からの逆襲のカギは原点回帰。今一度考えるべき「雷電の麻雀」とは
  2. Mリーグ小林剛×黒沢咲、ついに初対談!「鳴くか、鳴かざるか」麻雀の永遠のテーマに迫る
  3. 多井隆晴×佐々木寿人、Mリーグ開幕直前「No.1対談」実現! 通算「+922.1pt」VS「+803.1pt」2大エースは何故勝てるのか……見えた「強者」の共通点
  4. 多井隆晴×瀬戸熊直樹「最強位」のMリーグ対談! 禁断の「お前、ダサかったなあw」で号泣・多井がまさかのV字復活!? TEAM雷電「逆転ファイナル」が現実的な2つの理由
  5. KONAMI麻雀格闘倶楽部・前原雄大「卒業」に秘められた思いを告白。「100m歩くのに10分もかかった」盟友・佐々木寿人にさえ明かさなかった満身創痍の3年間
  6. 牌の質感や音までもリアルな麻雀
  7. Mリーグ赤坂ドリブンズ「逆転セミファイナル進出」への思い激白!「大進化」を振り返る丸山奏子、村上淳は復活のカギは「東家」? 副露王・園田賢が「声を大にして言いたい」こと
  8. 多井隆晴×松ヶ瀬隆弥、Mリーグ対談! 絶好調の「繊細なる超巨砲」は崖っぷちMリーガー!?「最低+200がノルマ」ビッグマウスの真意とは
  9. 多井隆晴「断固」ABEMAS宣言! 激動のオフシーズン滝沢和典「電撃退団」に白鳥翔が感じた「Mリーグに足りないもの」とは【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー前編】
  10. Mリーグ多井隆晴「どうやったら彼女できんの?」を白鳥翔がメッタ斬り!? 「とりあえず○○をやめなさい!」【渋谷ABEMAS対談インタビュー】
  11. 今、明かされるMリーグ2020白鳥翔・松本吉弘・日向藍子、それぞれの「涙」の理由。多井隆晴「5連闘」轟沈で、まさかの号泣終幕から2ヵ月【渋谷ABEMAS全員集合インタビュー後編】