NEW

【函館2歳S(G3)展望】ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスなど「スター候補」が集結!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【函館2歳S(G3)展望】ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスなど「スター候補」が集結!の画像1

 2歳世代の新馬戦が始まっている競馬界。今週末22日(日)には、今世代最初の重賞となる函館2歳S(G3)が開催される。

 重賞勝ち一番乗りを目指し素質馬が集結。その中でも特に熱い視線が注がれているのは、新馬戦で地力の高さを見せつけたナンヨーイザヨイ(牡2歳、栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 新馬戦では2番手から抜け出すと、後続に1馬身半差をつける快勝劇を演じてみせた本馬。馬場のいい開幕週だったとはいえ、今年の函館の2歳戦で最速となる1分9秒4というタイムを叩き出した走りは評価できる。3、4着馬も既に勝ち上がっていることを考えれば強い競馬だったと言えるだろう。

 短期放牧を挟み5日に函館競馬場入りしているが、状態は上々の様子。新馬戦同様にスピード感あふれる走りが期待できそうだ。父エイシンフラッシュに、初の重賞タイトルを届けられるかに注目したい。

 アスターペガサス(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)も主役候補の1頭だ。

 新馬戦は後続に2馬身半の差をつける圧勝。好位2番手追走から楽々と抜け出した走りは、ポテンシャルの高さを感じさせた。稽古では軽快な動きを披露するなど、状態面にも不安は感じられない印象。JRA通算100勝を達成した小崎綾也騎手を背に重賞初制覇を狙う。

 今年の牝馬二冠馬アーモンドアイを輩出したロードカナロア産駒、スズカカナロア(牡2歳、栗東・橋田満厩舎)も上位争い必至だろう。

 新馬戦は2番手で折り合いを付け追走し、直線でメンバー最速の末脚を炸裂させ完勝。スケール感のある走りは、将来性を感じさせるものだった。気になるのは中1週というローテーションだが、疲れは感じられない様子。1度使った上積みも見込めそうなココは、十分にチャンスがあるだろう。

【函館2歳S(G3)展望】ナンヨーイザヨイ・アスターペガサスなど「スター候補」が集結!のページです。GJは、競馬、アスターペガサスナンヨーイザヨイ函館2歳S(G3)の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!