NEW

パチスロ「6号機」絶好調メーカーまさかの参戦!! パチンコ分野「NO.1クラス」異例のデビューに驚愕......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「6号機」絶好調メーカーまさかの参戦!! パチンコ分野「NO.1クラス」異例のデビューに驚愕......の画像1

 昨年からパチンコ分野で快進撃を続けるヒットメーカー・京楽産業

 小当りRUSHで強烈な出玉性能を実現した『GANTZ』や看板コンテンツ『必殺仕事人V』など数々の注目機種を輩出し、人気・稼働率ともに高い評価を受けている

 実際、2017年の年間販売台数はSANYOに次ぐ2位にランクイン。一時期ヒット機種に恵まれていなかったが、かつての輝きを取り戻すことに成功したといえるだろう。それは、パチンコホールのシェア率を見ても一目瞭然である。

 その勢いは2018年に突入してさらに加速。京楽産業が誇る名作『ウルトラセブン』『冬のソナタ』シリーズの最新作が次々と登場。リリース前から爆裂性能が囁かれていた『ウルトラセブン2』はもちろんだが、初代を強く意識した『冬のソナタ Remember』は予想以上の健闘を見せている。

「現在、全国設置台数5位(※参照 P-WORLD)にランクインしている『セブン2』は絶賛高稼働中ですね。やはり一撃3000発をウリにした『2400発+小当りRUSH』の前評判は非常に高かった印象です。納得の販売台数でしょう。

その陰に隠れていた新作『冬ソナ』もかなり好評のようです。導入台数は多くありませんが、同時期の販売機種のなかでも"圧倒的な稼働率"を維持しているとか。

また、人気の指標でもある中古機価格は現在、ホールの主役『北斗無双』を差し置いて1位にランクインしていますよ。ホールからの需要の高さがうかがえます」(記者)

 名作復刻でさらに勢いが増す京楽産業。それも本命機だけなく次点の新台でも高い注目を集めており、販売機種全体のヒットが続いている。さらに、看板コンテンツ『AKB48』の最新作が「今年中にリリースされるのでは?」との情報も上がっており、同社の快進撃はまだまだ続きそうである。

 そんなパチンコ分野で絶好調の京楽産業から"超異例"のビッグニュースが舞い込んできた。なんと今回はパチスロ「6号機」に関する"激アツ情報"だ。

パチスロ「6号機」絶好調メーカーまさかの参戦!! パチンコ分野「NO.1クラス」異例のデビューに驚愕......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、6号機パチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!