NEW

パチスロ「超アマ仕様」現行機王者にライバル出現!? 出玉率「相当な差」異例スペックが話題沸騰!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ「超アマ仕様」現行機王者にライバル出現!? 出玉率「相当な差」異例スペックが話題沸騰!!の画像1

“低設定でも勝てるスペック”として脚光を浴びるパチスロの「技術介入機」。

 かつて4号機時代に一世を風靡した人気のスペックだが、時代の変化とともに減少。一時期は皆無に等しかったが……昨今はパチンコ店で見かけることが非常に増えた印象だ。

 そのキッカケを作り出したのは間違いなく『アクロス』ブランド。かつての名機たちを5号機で忠実に再現し『HANABI』『バーサス』は現在も圧倒的な人気を誇っている。

 リーチ目などのリール制御やBGMの素晴らしさはもちろんだが、やはり技術介入を駆使することで実現した”スペックの甘さ”が稼働を後押しする最大の要因といえる。出玉よりも「まずは遊びたい」というユーザーのニーズに見事マッチしているのではないか。

 そんな「技術介入機」でも圧倒的な甘さを誇るのが、サミーからリリースされた『ディスクアップ』だ。

 ボーナス+ARTとなる本機は、ARTの”上乗せG数”が出玉のカギを握る。その獲得方法はボーナス中のビタ押し。高頻度で発生する目押しでARTのG数を上乗せしていき、その平均G数は50Gを超える。

 そうした技術介入を駆使することによって出玉率は3%~4%近く上昇し、設定1の出玉率は「約103%」を実現。現行機のなかで”最も甘い”仕様として、パチスロユーザーから高い支持を得ている。

 このように自らの”目押し力”で圧倒的な遊びやすさを実現した「技術介入機」。設定に左右されない、いついかなる場合でも甘いゲーム性はこれからも重宝されるに違いない。

 そんな「激アマスペック」に関してスロッター”要注目”の新情報が浮上。先日、検定を通過したアノ「名作」のスペックが関係者の間で話題だ。

パチスロ「超アマ仕様」現行機王者にライバル出現!? 出玉率「相当な差」異例スペックが話題沸騰!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!