Business Journal  > GJ  > 競馬  > 函館2歳Sで勝負!  > 3ページ目
NEW

函館2歳S(G3)関係者情報で至極の勝負! 「荒れ気味馬場」だからこそ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

函館2歳S(G3)関係者情報で至極の勝負! 「荒れ気味馬場」だからこそ?の画像3

 4頭目の「△」に選んだのは、ナンヨーイザヨイ(栗東・松永幹夫厩舎)だ。

 新馬戦では2番手で進み、最後の直線で前を捉え、後続に1馬身半差をつける快勝。今年の函館の2歳戦で最速となる1分9秒4というタイムを叩き出している。

 現場記者は「前走の3、4着馬もすでに勝ち上がっている。そのことを考えれば強い競馬だったといえるだろう」と能力は十分だと語る。だが、「ナンヨーイザヨイは、奇しくも昨年の函館開幕週で勝利して函館2歳Sに出走したナンヨープランタンと厩舎、馬主、担当者、そして岩田康誠騎手が騎乗する点までもすべて同じ。ナンヨープランタンは人気を集めたが、6着に敗れた。"デジャブ"のように、昨年と同じ光景が繰り返されなければいいけどね......」と不安げに話した。

 出走間隔が開いているため調整が難しいのも不安材料だろう。能力はあるだろうが、当日の気配や馬体は要チェックだ。

 今回は「◎アスターペガサス」、「○ホールドユアハンド」、「▲カルリーノ」、「△ナンヨーイザヨイ」で勝負してみたい。固くなったが、厚めに張ってしっかりと配当をゲットしたい。
(文=ブロディN)

函館2歳S(G3)関係者情報で至極の勝負! 「荒れ気味馬場」だからこそ?のページです。GJは、競馬、アスターペガサスホールドユアハンド函館2歳Sの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!