NEW

JRA藤田菜七子「特殊技術」はR.ムーア級!?「何故、菜七子は勝てるのか」一流騎手が語る世界No.1との共通点

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子「特殊技術」はR.ムーア級!?「何故、菜七子は勝てるのか」一流騎手が語る世界No.1との共通点の画像1

 デビュー以来、女性騎手が持つ記録を次々と塗り替えJRA通算31勝。元騎手の増沢由貴子さんの34勝にあと3勝と迫っている藤田菜七子騎手。今週も土日合わせて15鞍の騎乗が予定されるなど、女性騎手としての枠を超えた「乗れる若手」として、今後も様々な記録を更新していくことは間違いないだろう。

 それにしても何故、藤田菜七子騎手はここまで成功できたのだろうか。

 先述した増沢由貴子さんの記録もデビュー9年目にして達成したもの。しかし、藤田菜七子騎手は、それをわずか3年で達成しようとしている。これだけを見ても、彼女が女性騎手として如何に”規格外”なのかが窺える。今週も『藤田菜七子、3週連続勝利なるか』という見出しが躍っている通り、もはや彼女が1つ勝つことは特に大きなニュースではなくなっている。

 そんな藤田菜七子騎手の騎乗技術を極めて高く評価している騎手がいる。今春、2歳女王ラッキーライラックとのコンビで牝馬クラシックを賑わせた石橋脩騎手だ。

 石橋騎手は『netkeiba.com』で藤岡佑介騎手が連載している対談企画『with 佑』に登場中。その中で、世界最高峰の騎手の1人に数えられるR.ムーア騎手について「ライアンが追うと、馬の体がなぜか伸びる」と、その技術の高さを称賛している。

 ムーア騎手といえば、日本の競馬ファンにもお馴染みの存在。世界中のG1を勝ちまくり、日本でも短期免許で来日した短い期間にあっさりとG1を勝ち、その度に「神騎乗」と絶賛される凄腕だ。

 そんな世界No.1騎手の技術を「凄い」と語るのは十分に理解できるが、その直後に「ムーア騎手と同じ、特殊な才能を持つ存在」として石橋騎手の口から出たのは意外な名前だった。

「あれにも”何か”があるんだろうな」

JRA藤田菜七子「特殊技術」はR.ムーア級!?「何故、菜七子は勝てるのか」一流騎手が語る世界No.1との共通点のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?