NEW

パチンコ「最後の爆裂機」ウワサの出玉性能が明らかに? 超「高継続率」で「オール2000発」衝撃のスペック......

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「最後の爆裂機」ウワサの出玉性能が明らかに? 超「高継続率」で「オール2000発」衝撃のスペック......の画像1


〇〇〇
超話題「究極の1/2」驚愕スペックの真相とは? 現行機最後の"怪物"に熱視線!!
〇〇〇

 今月23日、待望のパチンコ新台『CRダイナマイトキングin沖縄』(Daiichi)が全国デビューを飾った。

 かねてより"爆裂性能"が囁かれていた本機。スペックは現在のトレンド「1種2種混合機」を採用し、盤面中央の「IN」から玉を役物内に入れクルーンを目指す仕様となっている。

 入賞すると、ダイナマイト役物内にある7セグが作動。セグに「3」もしくは「7」が止まれば見事大当りだ。その確率は約1/28で、初回大当たり時は必ず約2000発の出玉獲得が可能。さらに連チャンゾーンである「天国モード」にも突入する。

「天国モード」中は時短2回+残り保留2回の『シンフォギア』タイプ。そのため、連チャン性能は驚愕の「約81%」を実現している。この時点で現行機"最高峰"の性能だが......。

 獲得出玉も負けてない。「天国モード」中の大当り振り分けは、約500発or約2000発がそれぞれ約50%で選択される。その"振り分け率と継続率"全てをトータルした際の平均出玉は、なんと約6500発。2000発のヒキ次第では一撃万発も容易だろう。「爆発力を体感せよ」と銘打たれた本機に今、アツイ視線が注がれている状況だ。

 このように類まれな出玉性能で注目を集める「1種2種混合機」。昨年の代表機『シンフォギア』は継続率約80%を実現し、新作『ダイナマイトキング』は獲得出玉が強化された仕様。出玉規制を物ともしない流れが業界に押し寄せているに違いない。

 そしてその流れはさらに激しくなりそうな気配。先日七匠から発表された『CR究極神判』のスペック面に関して、遊技機販売の総合商社『ファイブ・プランニング』が発表。究極の"出玉性能"にユーザーから驚きの声が相次いでいる。

「演出・出玉面全てにおいて『1/2』にこだわった仕様が大きな話題を呼びましたが、ウワサ通りのゲーム性のようです。

パチンコ「最後の爆裂機」ウワサの出玉性能が明らかに? 超「高継続率」で「オール2000発」衝撃のスペック......のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコ出玉規制現行機の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!