NEW

JRA名門「後継者」が大苦戦……ハーツクライ手掛けた名伯楽「遺産」引き継ぐも「大改革」失敗、リーディング150位に低迷

【この記事のキーワード】, ,
JRA名門「後継者」が大苦戦......ハーツクライ手掛けた名伯楽「遺産」引き継ぐも「大改革」失敗、リーディング150位に低迷の画像1

 JRA通算991勝を上げ、1990年には調教師リーディングも獲得。競馬界屈指の「シルバーコレクター」と称されながらもハーツクライの有馬記念、ワンアンドオンリーの日本ダービーなどG1競走10勝を始め、重賞96勝を飾り、2016年に引退した橋口弘次郎氏は紛れもない名伯楽の1人だ。

 だが、そんな偉大な父の引退と同時に、厩舎を引き継いだ長男・橋口慎介調教師が今年まだ5勝。リーディング150位(7月22日現在)と、厳しい勝負の世界の波に飲まれようとしている。

 学生時代に父の跡を継ぐ意思を伝え、アイルランドの大学へ留学。帰国後は池添兼雄厩舎で研修を積み、技術調教師として角居勝彦厩舎所属を経て、父・橋口弘次郎厩舎へ。”副官”としてワンアンドオンリーのドバイ遠征に帯同するなど貴重な経験を積み、満を持しての調教師デビューだった。

 さらに橋口慎介調教師は、当時父が管理していたすべてのオープン馬など所属馬の大半を引き継いだだけでなく、経験豊富な厩舎スタッフもほぼそのまま移籍。デビュー当週から8頭を出走させて、いきなり3勝を上げるなど「調教師界のサラブレッド」として、華々しい船出を飾った。

 しかし、今年はここまでわずか5勝でリーディング150位。開業3年目にして、早くもキャリア最大の苦境を迎えている。一見、この上ない形で引き継がれたはずの”名門”に、一体何が起こっているのだろうか。

JRA名門「後継者」が大苦戦……ハーツクライ手掛けた名伯楽「遺産」引き継ぐも「大改革」失敗、リーディング150位に低迷のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか