NEW

武豊ジャンダルム「米遠征」断念……「迷走」感強まるも秋は得意距離で

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊ジャンダルム「米遠征」断念......「迷走」感強まるも秋は得意距離での画像1

 今年の秋にブリーダーズCマイル(G1・芝1600m)への参戦予定があることを表明していたジャンダルム(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)。若駒の挑戦は注目されていたものの、同馬を管理する池江調教師が、今秋のアメリカ遠征は取りやめ、国内に専念することを明かしている。

 池江師は今のレーティングでは出走枠に入るのは難しいと話し、「(出走のためには)現地で行われる前哨戦のG1で3着以内に入らないとダメなので」挑戦を断念したと説明。渡米を断念したジャンダルムは今年の秋は10月20日の富士S(G3)から始動し、11月18日のマイルCS(G1)を目指すという。

「ジャンダルムは17着に終わった日本ダービー後には、フランス遠征を行い現地での中距離あたりのレースに出走する予定だと伝えられていました。ですが、その後その予定を変更して渡米すると発表されていたのですが……。オーナーサイドの意向もあると思うのですが、迷走している感が強いですね。

 ジャンダルムは中長距離のクラシック戦で惨敗しました。ですが、母がスプリンターズS、高松宮記念を勝ったビリーヴという血統的背景からも『マイルが適性距離』とは戦前からよく言われたところ。クラシックでの敗退を引きずることなく、秋以降は自身が得意とするであろう距離で結果を出してもらいたいですね」(競馬記者)

 海外挑戦から一転して国内マイル路線をひた走ることになったジャンダルム。これからは迷うことなく一直線にゴールを目指してもらいたいものだ。

武豊ジャンダルム「米遠征」断念……「迷走」感強まるも秋は得意距離でのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!