NEW

JRA「異常気象」で内部崩壊の危機!? 連日猛暑に現場から悲鳴......「命に関わる暑さ」でも変わらない炎天下「15時30分」発走

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「異常気象」で内部崩壊の危機!? 連日猛暑に現場から悲鳴......「命に関わる暑さ」でも変わらない炎天下「15時30分」発走の画像1

 連日、「異常気象」と述べても差し支えないほどの猛暑に見舞われている日本列島。

 23日には、埼玉県の熊谷市で国内観測史上最高気温となる41.1度が計測され、ニュースでも「命に関わる暑さ」と報道。気象庁も「1つの災害という認識はある」と述べ、気温が上がる日中、特に昼下がりから夕方に掛けては「なるべく外に出ないように」という注意喚起がなされるほどだ。

 しかし、そんな危険な炎天下の下、まともな日陰すらない広大な平地のど真ん中で、掛け値なしの全力疾走が繰り返されているのが「競馬」というスポーツである。

 こう言葉として書くだけでも相当な危険を伴い、言葉を選ばなければ「異常性」さえ感じずにはいられない競馬。競走馬は暑さに弱く、中には熱中症のような症状で倒れ込んでしまう馬もいるという。

 しかし、競走馬も然ることながら、それ以上に危険な状況に晒されているのが、レースで競走馬と共に全力を尽くす騎手である。

 競馬では「走るのは馬」とよく言われるが、レースで騎乗することが如何に激しい運動であることかは、レース後の勝利騎手インタビューに応じる騎手たちの表情を見れば、我々競馬ファンにも明らか。すでにレースから数分が過ぎているにも関わらず、息を切らせながら汗びっしょりで応じている騎手も少なくない。

JRA「異常気象」で内部崩壊の危機!? 連日猛暑に現場から悲鳴......「命に関わる暑さ」でも変わらない炎天下「15時30分」発走のページです。GJは、競馬、JRA異常気象競馬の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!