NEW

パチンコ『北斗の拳』大不評のワケとは…… 中古価格「大暴落」汚名を晴らす”超大物”に期待?

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ『北斗の拳』大不評のワケとは...... 中古価格「大暴落」汚名を晴らす超大物に期待?の画像1

 シリーズ最新作『ぱちんこ北斗の拳7 百裂乱舞』が6月にデビュー。『北斗の拳』の時点で大注目の新台であったが、さらに本機はシリーズ初の「小当りRUSH」を搭載している。進化を遂げた”超大物”へアツイ視線が注がれていたが……。

 現在の稼働状況を見る限り、お世辞にも好調とはいえない印象だ。

 その一つの指標でもある「中古機価格」は7月中旬を境に大暴落。現在の平均価格は約16万円前後、最安値は11万円(※7月25日時点)と”需要の低さ”が顕著に現れている。ちなみに、同時期にリリースされた『冬のソナタ Remember』は現在1位を独走中。皮肉にも初代『北斗無双』を追い抜いて90万円前後をキープしている状況だ。

 今月初旬にデビューを飾った『ウルトラセブン2』も好調の様子。まだ導入4週目だが、現在の中古機価格は約38万円(※同)。導入日から1万円ほど上昇しており、ほぼ現状を維持している。

 では、このように成功機種があるなかで、なぜ『北斗百裂』は低迷しているのか。

『転生』よりもパワーアップした演出面がアダに?

 基本的に前作『北斗転生』をベースに作られている本機。そのため、類似する演出は多々見受けられるが『転生』にはなかった、NEWアクションが随所に盛り込まれている。

 また、シリーズ踏襲の激アツ演出『キリン柄』は、シリーズのなかでも大当りに期待できる印象。もちろん、その出現頻度によってイメージは異なってくるが、少なくとも「キリン柄=期待度薄」というわけではなさそうである。

 だが、それでも演出面に対して不満が目立つ。多くのユーザーから『すぐ飽きる』『歴代のなかでも残念な仕上がり』と評価は非常に低い。いくら新演出を搭載しているとはいえ、前作を踏襲した点が”アダ”となってしまったのだろうか。

パチンコ『北斗の拳』大不評のワケとは…… 中古価格「大暴落」汚名を晴らす”超大物”に期待?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!