NEW

JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるかの画像1

 春のクラシックを有力視されながらも無冠に終わってしまった2歳王者・ダノンプレミアム(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)。秋以降の巻き返しに期待がかかるが、その同馬が天皇賞・秋(G1)へ向かう予定だと伝えられた。

 報じた「サンスポ」によれば、ダノンプレミアムを管理する中内田調教師が「天皇賞を目標に調整していきたいと考えています」と同紙に語ったという。現在、同馬は北海道新ひだか町のケイアイファームで放牧中。ステップレースを使うことなく、ぶっつけ本番で天皇賞・秋へ向かうとのこと。

 天皇賞・秋などの秋の中長距離戦は実力馬たちが出揃うため毎年話題となるが、今年は有力な若駒が参戦するとあって、例年以上の注目を集めることになりそうだ。

「ダノンプレミアムは日本ダービー(G1・芝2400m)で6着。このときの走りを見る限り、2400mは少々苦しいように思えました。朝日杯FS(G1)で従来の記録を1秒以上更新するレースレコードを叩き出した実績からも、マイルが適性距離だと思います。しかし、弥生賞(G2)ではダービー馬のワグネリアン抑えて優勝していますので、2000mまではこなせると陣営も判断したのでしょう。

 ステップレースに出走せずに直行するのは、一度ケガをしたため出走回数を抑えたいという意向もあるのかもしれませんが、それ以上に陣営の自信の表れのようにも。天皇賞・秋後も複数のG1レースに参戦する可能性は高いですね」(競馬誌ライター)

JRA2歳王者ダノンプレミアム天皇賞・秋参戦! 「3歳馬の鬼門」で豪華メンバーを蹴散らせるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事