NEW

ユニバーサル参入で「激アツ分野」は「鉄火場」へ...... 絶好調「パチンコ市場」に"衝撃スペック"投入か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ユニバーサル参入で「激アツ分野」は「鉄火場」へ...... 絶好調「パチンコ市場」に衝撃スペック投入かの画像1

 今週のパチンコ新台は期待のルーキーが勢揃い。現行機最後の"爆裂スペック"として注目を集める『CRダイナマイトキングin沖縄』(Daiichi)や、全反撃(フルカウンター)スペックと銘打たれた『CR七つの大罪』など、どれも好調なスタートを切った。

 そして、その新鋭台のなかでも期待以上の活躍を見せるのが......ライトミドルとして改めてリリースされた『CR天元突破グレンラガン199ver.』(ミズホ製)である。

 以前ミドルタイプで登場した『グレンラガン』。スペックは「連チャンタイプ」「一撃タイプ」の2種類が登場し、多くのユーザーから注目される新台であったが、結果は無残にも"完敗"。ファンの期待に応えることができなかった印象だ。

 しかし、そのマイナスイメージは、無事ライトミドルで覆すことに成功。販売台数は先月の時点で「完売した」との吉報が業界を駆け巡り、さらに導入後も好評の様子。演出面に対してやや不満が目立つものの、ライトタイプならではの遊びやすさ、さらに出玉感も堪能できる"スペック面"が人気を後押ししているようだ。

「V確ST機となるライトミドルタイプは確変突入率が50%、ST継続率が約65%となっています。気になる右打ち性能ですが......16R確変の割合が75%、獲得出玉は約1,920発と、ライトミドルのなかでも一撃に長けた仕様なんです。

実際、遊技したユーザーからは『出玉感は◎』『ライトスペックなら悪くない』と好評の声が飛び交っています。一撃出玉を経験したプレイヤーからの評価は非常に高いですよ」(記者)

ユニバーサル参入で「激アツ分野」は「鉄火場」へ...... 絶好調「パチンコ市場」に"衝撃スペック"投入かのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチンコユニバーサル甘デジの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!