NEW

パチスロ6号機「HEY!鏡」に続く”超大物”が登場!? 4号機「歴代ヒット作」が新時代でも「超」激走?

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ6号機「HEY!鏡」に続く超大物が登場!? 4号機「歴代ヒット作」が新時代でも「超」激走?の画像1

 パチンコ業界にとってコンテンツ力は、出玉性能やゲーム性などスペック面にも匹敵する重要な要素。特にパチンコ・パチスロから誕生した「オリジナルコンテンツ」は、いまや業界にとって必要不可欠な存在だ。

 業界最大手のサミーは、爆裂AT機『獣王』『アラジン』が4号機から続く看板コンテンツとして知られている。

 その人気は業界の垣根を超え、プロ野球『横浜DeNAベイスターズ』の応援歌に『獣王』の「サバンナチャンス」が使われるほど。アヤパンことフリーアナウンサーの高島彩は「着信音にしていた」という逸話もあるぐらいだ。

 5号機「萌えスロブーム」の先駆者である平和も同じく、オリジナルコンテンツに定評があるメーカー。

『戦国乙女』『麻雀物語』は可愛らしいキャラデザインがたちまちファンの心を鷲づかみ、多くのパチンコファンを獲得。同社にとって欠かせない存在になったといえるだろう。

 このように一般層にまで浸透するオリジナルコンテンツ。ただ、そのなかでも圧倒的な人気を誇るメーカーといえば、やはり大都技研である。

 各メーカーが積極的にタイアップ機をリリースするなか、大都技研は一貫してオリジナルにこだわり続けている印象。タイアップした機種はほんの数台程度だ。

 そんな同社のコンテンツは、どれも4号機時代から続く往年のヒット機種ばかり。『シェイク』『吉宗』などの大量獲得タイプ、マイルドな仕様で絶大な人気を博した『秘宝伝』『押忍!番長』は5号機でもその存在感を発揮している。

パチスロ6号機「HEY!鏡」に続く”超大物”が登場!? 4号機「歴代ヒット作」が新時代でも「超」激走?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事