NEW

JRA 2歳女王「大本命」現る!? 関係者絶賛の「メジャーエンブレム2世」が馬なり6馬身差圧勝の衝撃デビュー!

【この記事のキーワード】, ,

 レース後、大きな手応えを掴んだ田辺騎手の言葉も自然と弾む。見守った栗田調教師も「本当におとなしくて、操縦しやすい馬。フットワークもいい。やれる手応えはあったが、こんなレースをしてくれるとは……」と、嬉しい誤算に驚きを隠せない様子だった。

「衝撃的なレースでした……。良い評判は聞いていましたが、まさかここまでやれるとは思っていませんでした。

6馬身差もついたので『相手が弱い』という声もありますが、最初の600mを34.2秒で逃げられては、追いかけた馬の方も最後に脚が上がってしまうのは仕方ないですよ。展開が楽だったことは確かですが、今日はちょっと強過ぎましたね」(競馬記者)

 実際に、この日の新潟で同じ1400mで行われた2歳未勝利の最初の600mは35.7秒。同じく小倉で行われた1200mの新馬戦でさえ35.6秒である。

 グレイシアは1秒以上速い時計で逃げており、これでは馬群が縦長になって、脱落馬が出るのも当然だ。ちなみに勝ち時計の1:21.6は、同日同距離の未勝利より1.2秒も速い。それを馬なりでやってのけたのだから、この馬がただ者でないことは確かなようだ。

「それも田辺騎手が『スプリントの競馬をしたわけではない』と言ったように、スタートからガーッと加速し、そのままスピードに任せて押し切ったという感じでもないんですよね。

わずかに促すシーンはありましたが、絶対的なスピードの違いで自然とハナに立った感じで、あとは終始楽な手応え。最後の直線も一旦後続を引き付けてから、突き放す味のある競馬でした。

陣営が『距離は延びても大丈夫』と口を揃えている通り、少なくともマイル戦の方がもっと良い競馬ができる可能性すら感じました。同じダイワメジャー産駒の牝馬なら、2歳女王のメジャーエンブレムを思い出しましたね。それくらい圧巻の内容でした」(同)

JRA 2歳女王「大本命」現る!? 関係者絶賛の「メジャーエンブレム2世」が馬なり6馬身差圧勝の衝撃デビュー!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「絶縁」噂のトレーナーと4年9ヶ月ぶりの白星! 懇意の『ウマ娘』藤田晋オーナー所有馬も所属、関係修復で依頼数「増加」なるか
  2. JRA単勝1.9倍「幻の桜花賞馬」が痛恨の敗戦……川田将雅×中内田充正厩舎「黄金コンビ」に続く秋華賞(G1)制覇の試練
  3. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  4. JRAラジオNIKKEI賞(G3)「遅れてきた大器」が無傷の3連勝! ドゥラメンテ調教師が「南半球の怪物」と初めてクラシック制覇を見据えた日
  5. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  6. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  7. JRA C.スミヨン「入線後」の斜行でも12日間の騎乗停止! 過去には武豊とも一悶着…イギリスでやらかした「お粗末騎乗」にファンも納得?
  8. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  9. JRA【七夕賞(G3)展望】棚ぼた勝利は難しいハンデ戦!? 「G1除外の無念」ヒートオンビートVS「福島の鬼」ヴァンケドミンゴ!
  10. JRA武豊×蛯名正義「同期タッグ」が北の大地でOP初挑戦! 騎乗するのは縁ある「女帝」の孫。重賞初挑戦へ繋がる勝利にかかる期待