NEW

札幌記念(G2)ディアドラ参戦へ? JRA牝馬二冠アーモンドアイを迎え撃つ「覚醒」の力

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
札幌記念(G2)ディアドラ参戦へ? JRA牝馬二冠アーモンドアイを迎え撃つ「覚醒」の力の画像1
ディアドラ(競馬つらつらより)

 29日に札幌競馬場で開催されたクイーンS(G3)は、昨年の秋華賞馬ディアドラ(牝4歳、栗東・橋田満厩舎)が後方から差し切り、見事に1番人気に応えてみせた。

 ソウルスターリングとディアドラの同世代G1馬対決に注目が集まったこの1戦。2頭の直接対決は昨年のオークス以来。このときディアドラはソウルスターリングの前に4着と敗れたが、今回の再戦でリベンジを果たすことに成功した。

 レース後にディアドラの鞍上を務めたC.ルメール騎手は、休み明けということもあり、今日の状態は100%ではなかったとしながらも「このメンバーでは一番強かったです。すぐに反応出来ましたし、切れました」と相棒をべた褒めしている。

「クイーンSで他の追随を許さない走りを見せたディアドラ。同馬の陣営は、『もう少し馬の状態を見てから考えます』と明言を避けたものの、中2週での札幌記念への参戦すらも『同じ馬場ですしね』と色気を見せています。ルメール騎手同様、ディアドラの実力に相当自信があるのでしょう。

 札幌記念では、ルメール騎手はマカヒキとの先約があるため乗れないと言われています。ですが、それを差っ引いたとしても今のディアドラならば、札幌記念でもいい勝負をしてくれるのではないでしょうか」(競馬誌ライター)

 今年の夏以降の活躍にも期待が集まるディアドラ。古馬牝馬の強豪の一角として、若駒たちを迎え撃つ存在となるのは間違いないだろう。

札幌記念(G2)ディアドラ参戦へ? JRA牝馬二冠アーモンドアイを迎え撃つ「覚醒」の力のページです。GJは、競馬、アーモンドアイディアドラ札幌記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!