NEW

JRA藤田菜七子に「不満」の先輩騎手!? 酒席「断りまくり」の裏側

【この記事のキーワード】, ,
JRA藤田菜七子に「不満」の先輩騎手!? 酒席「断りまくり」の裏側の画像1

 デビュー以来、女性騎手が持つ記録を次々と塗り替えている藤田菜七子騎手。元騎手の増沢由貴子(旧姓、牧原)さんの34勝にまでもあと3勝と迫っており、最多勝利記録の更新も時間の問題と考えられている。

 菜七子騎手は容姿端麗で関係者たちへの礼儀作法もしっかりしており、さらに騎乗技術も上昇中とあって非の打ち所はないように思える。だが、そんな優等生の菜七子騎手にある不満を抱いている先輩騎手もいるという。それが松岡正海騎手だ。

 松岡騎手は『競馬最強の法則』(KKベストセラーズ)8・9月号の対談企画に登場。そこで、菜七子騎手にどれだけ声をかけようとも、騎手たちの飲みの場に顔を出してくれないと冗談交じりに嘆いていた。松岡騎手は以前、増沢由貴子騎手が女性というだけでいらぬ気遣いをされ、騎手クラブの新年会などでも浮いた感じになっていたのが気になっていたという。そのため、菜七子騎手には同じ思いをさせぬためにも、他の騎手たちとも積極的に交流を持ってもらいたいと考えているようだ。

「松岡騎手としては、純粋に菜七子騎手のことを心配しているみたいですね。現役生活16年目の中堅騎手として知られる松岡騎手は、若手と先輩の間を結ぶ架け橋になろうとしているのかもしれません。変にかしこまった場では、現役生活が長い大先輩たちに話しかけにくいはずですからね。フランクな場を設けて、交流を図ってもらいたいと考えているのでは? ただ、その思いは通じることなく、袖にされているようですが……」(競馬記者)

 松岡騎手からの誘いを断り続けている菜七子騎手。また当初こそ、ほかにも声を掛ける先輩騎手がいたものの、もう松岡騎手以外からは誘われることもなくなっているのだという。頑なな態度を崩さない菜七子騎手だが、これには昨年8月に巻き込まれた未成年騎手飲酒事件の存在があると見る人もいる。

JRA藤田菜七子に「不満」の先輩騎手!? 酒席「断りまくり」の裏側のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!