NEW

JRA「2016年ダービー馬マカヒキ」は復活したのか。強豪相手久々実戦で手応え?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「2016年ダービー馬マカヒキ」は復活したのか。強豪相手久々実戦で手応え?の画像1

 19日に札幌競馬場で行われた札幌記念(G2)はサングレーザーが勝利。2着には約2年ぶりの勝利を目指していたマカヒキ(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)、3着にはモズカッチャンが続いた。

 大方の予想通り、レースはスタート直後からマルターズアポジーがハナを主張する展開。マカヒキは後方2番手につけて機をうかがっていた。1000m通過タイムが59.1秒という比較的速いペースでレースは進み、4コーナー手前で馬群が凝縮されて最後の直線へ。大外に出されたマカヒキは、残り200mから溜めていた脚を使い先頭に立つ。

 だがそのマカヒキに、内からはサングレーザー、さらに外からはモズカッチャンが襲いかかる。この3頭がほぼ横並びでゴール。空前絶後の大接戦はサングレーザーが勝利。マカヒキはタイム差ナシ、ハナ差の2着に敗れた。

 戦前から陣営が万全の体制を整えてきたなど伝えられていたマカヒキ。レース後、鞍上のC.ルメール騎手は「さすがマカヒキという走りでした」と相棒を称え、「休み明けとこの馬場で少し疲れてしまいました」と休養明け、さらに渋った馬場に敗因を求めていた。

「マカヒキは多くのファンから復活が待たれていました。凱旋門賞(G1)を終えて国内に復帰してから、これまでは最後に手応えを失い、そのまま競り負けてしまうシーンが多かったようにも思えます。ですが、今回は惜しくも2着でしたが最後の最後まで脚が使えていたように見えました。しかも勝ち負けした相手は、牝馬の中で抜きん出た力を持つモズカッチャンに、昨年のマイルチャンピオンS(G1)で0.1秒差の3着に入線したサングレーザーです。ここが9カ月ぶり復帰戦だと考えれば結果は上々。秋の重賞戦線でも期待できる存在なのでは?」(競馬記者)

 復活を彷彿とさせる走りを見せたマカヒキ。ニエル賞(仏・G2)以来、約2年もの間、遠ざかっている勝利は次走以降にお預けとなった。

JRA「2016年ダービー馬マカヒキ」は復活したのか。強豪相手久々実戦で手応え?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!