NEW

パチンコ市場「20兆円」割れ......参加人口「2年連続の最低値」など衰退加速も「消滅」はない!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ市場「20兆円」割れ......参加人口「2年連続の最低値」など衰退加速も「消滅」はない!?の画像1

 7月19日、公益財団法人日本生産性本部・余暇創研が「レジャー白書2018」の概要を報告。2017年における余暇市場の動向を発表したと、業界サイト「遊技日本」が報じた。

 余暇市場全体の規模は69兆9,310億円で前年比0.2%とわずかに増加。インバウンド効果で観光・行楽部門が伸びたうえに、スポーツ部門がプラスになったことが関係しているようだ。

 ここで注目したいのはパチンコを除けば、余暇市場全体の結果は前年比2.1%増で5年連続の増加となっている点。パチンコ市場の縮小が、余暇市場全体に与える影響の大きさを示していると言えるだろう。

 2017年のパチンコ参加人口は前年から40万人減の900万人となり、2年連続で過去最低値を更新したことが明らかになった。最盛期には約1万8000店だった店舗数も、2018年6月末現在で9,454店舗まで減少している。

 市場規模は大幅減。19兆5400億円(前年比8780億円減)と大台を割り込む結果となってしまった。

 追い打ちをかけるように、今年2月からは出玉規制が開始。業界規模のさらなる縮小は確実視されており、消滅の可能性すら唱える声も上がっている状況だが......。

「衰退の速度が加速しているとはいえ、市場規模19兆円を誇る巨大産業ですからね。パチンコ関連業界の業績1つで、余暇市場全体が大きく変わると言っても大袈裟ではありません。それだけの影響力を持つことを考えれば、簡単に消滅するとは思えませんよ。

パチンコ市場「20兆円」割れ......参加人口「2年連続の最低値」など衰退加速も「消滅」はない!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、パチスロパチンコパチンコ店の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!