NEW

JRA「超良血」ソルドラード出陣! 兄レイデオロに続く「大器」が種牡馬ロードカナロアの「運命」を決める理由

【この記事のキーワード】, ,
JRA「超良血」ソルドラード出陣! 兄レイデオロに続く「大器」が種牡馬ロードカナロアの「運命」を決める理由の画像1

 4日、新潟競馬場で昨年のダービー馬レイデオロの半弟ソルドラード(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が堂々のデビュー戦(芝1600m)を迎える。

 2つ上の兄は、昨年のダービー馬レイデオロ。この春はドバイシーマクラシック(G1)で敗れるなど未勝利に終わったが、未だ掲示板を外したことがないトップホースだ。秋にも王道路線での活躍が期待されている。

 また1つ上の兄レイエンダは昨夏のデビュー戦快勝後、骨折により約10カ月の長期離脱を余儀なくされたが、復帰後に連勝。デビューから無敗のまま秋を迎え、兄以上の素質と評判の大器だ。

 そんな偉大な兄を持つソルドラードもまた、類稀なる素質の持ち主。育成時代を過ごしたノーザンファーム空港でも、数多の超良血馬の中で「素質は、かなりいいモノがある」と極めて高い評価を受けていた。

 その評価は美浦トレセン入厩後も変わらず、管理する藤沢和雄調教師ら陣営も「良い馬ですよ」と絶賛。1週前追い切りでは坂路で4ハロン54.7秒、ラスト12.3秒と、その評価に違わぬ上々の動き。古馬1000万下のピックミータッチを相手に先着を果たしており、初戦から臨戦態勢は整っているとみるべきだ。なお、鞍上は両兄の主戦C.ルメール騎手が務める。

「父がキングカメハメハから、ロードカナロアに替わったので、レイデオロやレイエンダとは違ったタイプになりそうです。姉でダイワメジャー産駒のティソーナという馬が短い距離で活躍しており、ソルドラードも似たようなタイプになるかもしれません。

ソルドラードの血統で目立つのは、やはり3代母にあたる(ディープインパクトの母として知られる)ウインドインハーヘアですが、2代母のレディブロンドはスプリンター、母のラドラーダはマイラーで、この馬も本質的にはマイルあたりが良さそうです」(競馬ライター)

JRA「超良血」ソルドラード出陣! 兄レイデオロに続く「大器」が種牡馬ロードカナロアの「運命」を決める理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  5. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  6. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  9. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  10. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)展望】エピファネイア産駒の素質馬2頭が激突!ソネットフレーズは名牝“シンコウラブリイ級”素質あり?